鎌田大地「誰とでもうまくやれる自信がある」。サッカー日本代表の新トップ下として存在感

2022年09月24日(土)10時30分配信

photo Getty Images
タグ: , , , , , , , , , , , , , , , , ,

サッカー日本代表 最新ニュース


【写真:Getty Images】



鎌田大地がトップ下で躍動

【日本 2-0 アメリカ合衆国 キリンチャレンジカップ2022】

 キリンチャレンジカップ2022が現地23日に行われ、サッカー日本代表はアメリカ合衆国代表に2-0で勝利を収めた。



【今シーズンのJリーグは「DAZN for docomo」で!
いつでもどこでも簡単視聴】


 4-2-3-1のトップ下に入ったMF鎌田大地は、「1点取れてチームの勝ちにつながったので、結果的には良かったと思います」と語る。しかし、「決められるシーンはたくさんあったし、そこは課題というか。もう少し早めに2点目を取れればチームとしては楽だった」と悔やむ部分もあった。

 前線からのハイプレスが機能し、ボールを奪った後はショートカウンターでアメリカのゴールに迫る。「チームとしても戦えて、やりたいことができていた」と鎌田は言う。トップ下で攻撃の起点として存在感を発揮し、左サイドのMF久保建英とも好連係を披露した。

「もちろんボールを持てば彼のクオリティが高いのは誰でもわかっていることだし、今日は守備もできていて、僕自身もフランクフルトでサイドハーフで出ているので、タケが中に入ったら自分はそのまま左に残って、ポジションはうまく入れ替わりながらできていたと思う」

 久保が隣にいることで、鎌田は「組み立てよりも自分はフィニッシャーとして抜けたりすることは意識していました」と語る。よりゴールに近い位置でプレーできた手応えがあったようだ。

 これまで日本代表では1トップや4-3-3の中盤インサイドハーフなども経験してきた。「自分自身も誰とプレーするかによって自分がどう変わるべきかは理解してるし、誰とやっても僕自身はうまくやれる自信がある」という鎌田にとっても、所属クラブでの役割にも近いトップ下はベストポジションだろう。

 日本代表の2列目は最も競争が激しいエリアで、MF南野拓実ら他にもトップ下候補となる選手は数多くいる。ドイツでゴールを量産し、絶好調の鎌田がこのまま新たな“王”として君臨することになるか。あるいは触発された他の選手もパフォーマンスを上げるか、これからの競争にも注目したい。

(取材:元川悦子、文・構成:編集部)

【了】

新着記事

↑top