スペイン代表は「酷い内容」。サッカー日本代表戦でもあり得る、典型的な負け方とは【分析コラム】

2022年09月25日(日)11時53分配信

シリーズ:分析コラム
text by 編集部 photo Getty Images
タグ: , , , , , ,

サッカー 最新ニュース

UEFAネーションズリーグ・リーグA・グループ2、スペイン代表対スイス代表が現地時間24日に行われた。FIFAワールドカップカタール2022でサッカー日本代表と対戦するスペイン代表は、あまり良いところなく1-2で敗戦。一体何が起きたのだろうか。(文:小澤祐作)


ドイツ代表に引き続きスペイン代表までも…


【写真:Getty Images】

 FIFAワールドカップカタール2022で日本代表と対戦するチームが不調だ。先日のドイツ代表に続き、スペイン代表までもが黒星を喫した。

【今シーズンの欧州サッカーは「DAZN for docomo」で!
いつでもどこでも簡単視聴】


 3試合を消化した時点で1勝3敗、リーグA・グループ2の最下位に沈んでいたスイス代表をホームに迎えたルイス・エンリケ監督率いるチームは、21分に先制点を献上。55分にジョルディ・アルバの得点で追いついたが、その3分後に勝ち越し弾を許し、そのまま1-2で試合を終えている。

 支配率は74.6%と圧倒的。パス数もスイス代表の269本に対し、スペイン代表は実に803本を記録した。しかし、シュート数は8本対8本と、守勢に回っていた相手と互角。どちらが効率よく攻めていたかは、言うまでもない。

 決して相性の良くないスイス代表に再び苦手意識を植え付けられる格好となったスペイン代表は、これでリーグA・グループ2の2位に転落。ファイナル4に進出するためには、27日に行われる首位ポルトガル代表との直接対決に勝利することが絶対条件となった。

 では、なぜスペイン代表はスイス代表に敗れたのか。

1 2 3 4

新着記事

↑top