Jリーグ2022順位予想【湘南ベルマーレ】エース不調で危険…。復活した男がカギを握る?

2022年09月29日(木)14時00分配信

シリーズ:J1リーグ順位予想
photo Getty Images
タグ: , , , , , , , ,

Jリーグ 最新ニュース

 明治安田生命J1リーグ2022シーズンは佳境を迎えている。優勝、AFCチャンピオンズリーグ出場権獲得、J1残留など、それぞれの目標に向けて激しい戦いが続いている。最後に笑う者がいれば、涙を流す者がいるのが勝負の世界。ここでは、今季のJ1リーグを振り返るとともに今季の最終順位を予想する。


湘南ベルマーレ

予想順位:13位
暫定順位:15位
成績:勝ち点31(29試合7勝10分12敗)
監督:山口智



【今シーズンのJリーグは「DAZN for docomo」で!
いつでもどこでも簡単視聴】


 開幕8戦未勝利という最悪のスタートを切ってしまった湘南ベルマーレだが、その後は持ち直して残留圏内にしがみついている。J1に昇格した2018シーズン以降は、降格がなかった2020シーズンを除いて最終節まで残留が決まらなかった。今季も例年と同じ展開になることは間違いないだろう。

 持ち直した要因の一つは町野修斗のブレイクで、チームトップの9得点を挙げている。サッカー日本代表に選出され、EAFF E-1サッカー選手権では得点王に輝いた。しかし、7月以降のリーグ戦ではPKによる1点に留まっている。

 前線で相方を務める瀬川祐輔も決定力に欠ける。リーグ5位の1試合平均2.5本のシュートを記録しながら、自己ワーストの2得点。両者とも守備やフリーランニングなど幅広いタスクをこなしており、貢献度は決して低くないのだが、2人のゴール数が命運を握るといっても過言ではない。

 長期離脱から復帰した山田直輝と岡本拓也、夏に加入した阿部浩之は貴重な戦力となっている。アンカーの田中聡がベルギーへ渡り、本職センターバックが不在という事態に陥ったが、茨田陽生がアンカー、3トップの中央には山本脩斗と、ベテランが本職ではないポジションをこなしてチームの窮地を切り抜けている。最終盤も総力戦で乗り切ることになりそうだ。

 谷晃生、杉岡大暉、米本拓司、阿部浩之といった期限付き移籍組の保有元との対戦がないため、起用が制限されることはないのは朗報だ。残り試合は1試合多いものの、残留の直接対決はヴィッセル神戸との1試合のみ。ただ、今季の川崎フロンターレから2勝挙げているように、上位陣にも健闘できていることが希望かも知れない。

【了】

新着記事

↑top