Home » 海外サッカー » W杯出場ピンチ! 負傷離脱中の名手5人。サッカー日本代表の守備の要にドイツのスピードスターも » Page 3

W杯出場ピンチ! 負傷離脱中の名手5人。サッカー日本代表の守備の要にドイツのスピードスターも

2022年10月25日(火)7時00分配信

シリーズ:編集部フォーカス
text by 編集部 photo Getty Images
タグ: , , , , , , , , , , , , , , , , , ,

FW:レロイ・サネ(バイエルン・ミュンヘン/ドイツ)


【写真:Getty Images】


生年月日:1996年1月11日
ドイツ代表通算成績:47試合11得点5アシスト

 強豪バイエルン・ミュンヘンの背番号10を背負い、ドイツ代表でも存在感を放つレロイ・サネ。2015年11月にヨアヒム・レーヴ政権下で代表デビューを飾ると、その後は負傷に苦しみながらも徐々にドイツ代表に定着していった。そんなサネはカタールW杯メンバー入り確実ともされていたが、怪我を理由に落選の危機に瀕している選手の1人である。

 リーグ戦10節のフライブルク戦でスタメン出場を果たしたサネは1得点1アシストと大活躍を見せていたが、無念にも76分に負傷退場を余儀なくされた。結果、同選手はハムストリングの筋繊維を断裂。バイエルンは離脱期間に関する詳細は発表しておらず、W杯への出場も見通しが立っていない状態だ。今季に入り公式戦16試合10得点5アシストと絶好調をキープし、素晴らしいコンディションのままW杯に挑むことができたということもあり、大会直前でまさに痛い出来事だった。

 怪我に苦しむドイツ代表FWはマンチェスター・シティに在籍していた17/18シーズンには公式戦49試合14得点19アシストと圧巻のシーズンを過ごし、ロシアW杯の当確メンバーとされながらも落選。そのため、カタールW杯に対し強い意欲を持っているはずだが、W杯メンバー入りに滑り込み、グループステージ第1節の日本代表戦への出場は果たせるのだろうか。

1 2 3 4 5

新着記事

↑top