フランス代表を止めるのは不可能なのか? 堅い守備戦術を破壊した方法【カタールW杯】

2022年11月27日(日)12時07分配信

シリーズ:分析コラム
text by 小澤祐作 photo Getty Images
タグ: , , , , , , , , , , , , , , , , ,

FIFAワールドカップカタール2022 最新ニュース

FIFAワールドカップカタール2022・グループリーグD第2節、フランス代表対デンマーク代表が現地時間26日に行われ、2-1でフランス代表が勝利している。デンマーク代表の守備は決して脆くなかったが、フランス代表はキリアン・エムバペらの個で再び守備陣を切り裂いた。理不尽とも言える強さだが、付け入る隙はあるのだろうか。(文:小澤祐作)


エムバペは前半なぜ静かだった?


【写真:Getty Images】

 フランス代表のサッカーは完璧とは言い難い。攻守両面で荒い部分はある。

【カタールW杯の結果を予想して当選金をゲット!
1試合予想くじ「WINNER」の無料会員登録はこちら!】


 それでも試合には勝てる。個の能力が違う。アルゼンチン代表やオランダ代表、ドイツ代表らが点を取るのに一苦労している中、レ・ブルーはあっけなくゴールネットを揺らしてしまう。オーストラリア代表戦とデンマーク代表戦の2試合の合計得点数は「6」。その中にPKがないのは、もはや恐るべき事実だ。

 デンマーク代表戦ではキリアン・エムバペが爆発した。前半は少し静かだった印象だが、後半に入り一気に2ゴールをマークしている。これで今大会すでに3得点目。4年前のロシア大会に続き、またも主役の座に就いたのかもしれない。

 デンマーク代表の守備は徹底されていた。基本的には5-4-1のブロックを敷くが、フランス代表がバックパスを選択するなどラインを押し上げられる状況となった時は、右のシャドーに入ったイェスパー・リンドストロムが縦にスライドし、4-4-2化してビルドアップを制御していた。そしてサイドにボールが逃げれば、ウィングバック+プレスバックするシャドーで数的優位を作る。フランス代表のインサイドハーフに対してはそのままインサイドハーフを当て、中央を締めていた。

 フランス代表はこの守備に手を焼いていた。エムバペが前半静かだったというのは上記した通りだが、同選手が悪かったというより、デンマーク代表の対応が良かったと評するべきだろう。UEFAネーションズリーグでフランス代表を下していたデンマーク代表には、どこか自信があったようにも思う。

 39分には、アントワーヌ・グリーズマンから左に展開し、テオ・エルナンデスが内側のスペースをフリーで駆け上がるシーンがあった。この時シャドーの選手はフランス陣内に残っていたが、インサイドハーフのクリスティアン・エリクセンが懸命な戻りでT・エルナンデスを止めた。不測の事態への対処も、怠っていなかったように感じる。

 しかし、フランス代表の個はそんなデンマーク代表の想像を遥かに超えた。

1 2 3

新着記事

↑top