Home » 海外サッカー » 冨安健洋投入でアーセナルは何が変わったのか? 貧弱な守備を蘇らせた方法【EL分析コラム】

冨安健洋投入でアーセナルは何が変わったのか? 貧弱な守備を蘇らせた方法【EL分析コラム】

2023年03月10日(金)12時55分配信

シリーズ:分析コラム
text by 安洋一郎 photo Getty Images
タグ: , , , , , , , , , , , , , , , ,

アーセナル 最新ニュース

 UEFAヨーロッパリーグ(EL)・ラウンド16の1stレグ、スポルティングCP対アーセナルが現地時間9日に行われ、2-2のドローに終わっている。日本人対決でも注目を集めたこの一戦で輝いたのはベンチスタートだった冨安健洋だった。この日本代表DFが途中出場からピッチに与えた好影響とは?(文:安洋一郎)


EL決勝トーナメントで日本人対決が実現

【写真:Getty Images】

UEFAヨーロッパリーグ(EL)決勝トーナメントでスポルティングCPの守田英正とアーセナルの冨安健洋の日本人対決が実現した。前者は3-4-2-1のダブルボランチの一角でスタメン出場、後者はベンチスタートとなっている。


【アーセナル参戦のヨーロッパリーグを観るならWOWOW!
加入月は視聴料が無料。TV・PC・アプリで視聴可能】


 試合は開始直後からオープンな展開となった。22分にアーセナルがコーナーキックから先制点を奪ったかと思えば、スポルティングCPはそれをやり返すかのように34分にコーナーキックから追いついている。

 一進一退の攻防となる中、55分にホームチームが勝ち越しに成功する。アウェイのアーセナルからすると失点した形だが、この場面は今節を象徴するかのような“貧弱”な守備だった。

 その後、63分に冨安が投入されると、アーセナルの守備は改善される。実際に被シュート数は冨安投入以前が9本だったのに対し、投入後はわずか1本に留まっている。

 この日本代表DFはどのようにして守備の改善へと導いたのだろうか。

1 2 3

新着記事

↑top