Home » 日本代表 » ガラス…。怪我に泣いた歴代日本人選手5人。中田英寿以上の才能と称された男に規格外のFWも » Page 2

ガラス…。怪我に泣いた歴代日本人選手5人。中田英寿以上の才能と称された男に規格外のFWも

2023年05月03日(水)7時00分配信

シリーズ:怪我に泣いた選手5人
text by 編集部 photo Getty Images
タグ: , , , , , , , , , , ,

MF:小野伸二(おの・しんじ)


【写真:Getty Images】


生年月日:1979年9月27日
日本代表通算成績:56試合6得点4アシスト

 日本サッカー界の「天才」と言えば、多くの人が小野伸二を頭に思い浮かべるだろう。幼い頃から注目を浴びてきた存在で、高校卒業後の1998年に数々のオファーを受けるなか浦和レッズへの加入を決断しプロの世界へ。そして同年にはさっそく日本代表デビュー。さらに同国代表史上最年少となる18歳でのワールドカップ出場も掴み取るなど、その特別な才能に疑いの余地はなかった。

 そんな小野に悲劇が起きたのは1999年のことだ。シドニー五輪・アジア地区一次予選のフィリピン戦に臨んだ小野は、相手選手の悪質なタックルを受けて左ひざ靭帯を断裂し、長期離脱を強いられてしまった。その後、懸命なリハビリを経て戦列復帰を果たした小野は浦和、フェイエノールト、ボーフム、ウェスタン・シドニーなど多くのクラブでプレーすることになるのだが、大怪我による足の違和感が完全に癒えることはなく、いずれの舞台でも負傷離脱を頻繁に繰り返してしまうことになった。

 一昨年6月、元日本代表FW播戸竜二の公式YouTubeチャンネルに登場した小野は、あのフィリピン戦の大怪我について「(世界が)すべて変わった」とコメントを残している。フェイエノールト時代にはUEFAカップ優勝を経験、日本代表としてもW杯に3大会出場するなど、足に不安を抱えながらも素晴らしいキャリアを築いてきた小野だが、もしあの悪質タックルがなければ、さらにスーパーな選手になっていたかもしれない。

1 2 3 4 5

新着記事

↑top