Home » 日本代表 » ガラス…。怪我に泣いた歴代日本人選手5人。中田英寿以上の才能と称された男に規格外のFWも » Page 4

ガラス…。怪我に泣いた歴代日本人選手5人。中田英寿以上の才能と称された男に規格外のFWも

2023年05月03日(水)7時00分配信

シリーズ:怪我に泣いた選手5人
text by 編集部 photo Getty Images
タグ: , , , , , , , , , , ,

FW:久保竜彦(くぼ・たつひこ)


【写真:Getty Images】


生年月日:1976年6月18日
日本代表通算成績:33試合13得点2アシスト

 日本人選手は技術力が高いと言われる。しかし、身体能力という部分では、どうしてもヨーロッパやアフリカ、南米出身の選手たちに劣ってしまうというのが現実だ。だが、かつては日本にも世界レベルの身体能力を持つ男がいた。FW久保竜彦だ。「ドラゴン」の愛称で親しまれた同選手は、驚異的なフィジカルや跳躍力を兼ね備えた、まさに規格外のストライカーであった。

 久保はいわゆるエリートではなく、プロ入り前はほぼ無名の存在だったことは有名な話だ。それでもテストを経てサンフレッチェ広島への加入を掴み取ると、2003年に移籍した横浜F・マリノスでブレイク。日本年間最優秀選手賞を受賞した。日本代表としては、ジーコ監督体制下で主力に定着。2004年に行った欧州遠征では4試合で4得点と強烈なインパクトを残していた。

 しかし、そんな久保を苦しめたのが怪我だ。選手生命を脅かすような大怪我こそなかったが、その恵まれた体格ゆえ負荷が大きかったのか、腰や膝の痛みに悩まされ続けている。とくに2004年頃から負傷の頻度が増加。その影響で、選出確実とみられていたドイツワールドカップメンバー入りも逃すことになっている。それ以降、久保が日本代表やクラブで特別な輝きを放つことはなかった。

1 2 3 4 5

新着記事

↑top