フットボールチャンネル

日本代表 10か月前

ガラス…。怪我に泣いた歴代日本人選手5人。中田英寿以上の才能と称された男に規格外のFWも

シリーズ:怪我に泣いた選手5人 text by 編集部 photo by Getty Images

MF:財前宣之(ざいぜん・のぶゆき)


【写真:Getty Images】


生年月日:1976年10月19日
日本代表通算成績:出場なし

 1993年、日本で開催されたFIFA U-17世界選手権で日本代表の中心選手として活躍した。1995年にはヴェルディ川崎のトップチームに昇格し、その後間もなくしてイタリアのラツィオへ留学。プリマヴェーラ(下部組織)所属だったがトップチームの紅白戦に出場し、元イタリア代表の名DFアレッサンドロ・ネスタらとも対戦している。その才能は、あの中田英寿以上という声もあった。

 ただ、財前のプロキャリアは厳しいものとなった。ラツィオへの留学後ヴェルディに戻ると、左ひざ前十字靭帯断裂の大怪我を負ってしまう。その後、当時スペイン1部のログロニェス移籍が決まった財前は復帰を急いでしまい、合流後すぐに左ひざ前十字靭帯を再断裂。結局、公式戦に1試合も出場することなく、日本への帰国を余儀なくされてしまった。そしてヴェルディに戻ってきた財前はその後、クロアチアのリエカ在籍を経て1999年にベガルタ仙台に加入。ここではすぐに主力の座に躍り出たものの、この年に三度目のひざ靱帯断裂に見舞われてしまった。

 それでも以降は大きな怪我を負うことなく、仙台、そしてモンテディオ山形などで活躍した。選手生命を脅かすほどの重傷を三度も負いながら35歳まで現役を続けたのは素晴らしいの一言に尽きるが、もしも怪我に悩まされなければ、財前は欧州の舞台でもその名を残していたのかもしれない。

1 2 3 4 5

KANZENからのお知らせ

scroll top