Home » サッカー最新ニュース » サッカーU-20日本代表、痛恨の逆転負け。松木玖生のPK失敗、U-20コロンビア代表にまさかの連続失点【U-20W杯】

サッカーU-20日本代表、痛恨の逆転負け。松木玖生のPK失敗、U-20コロンビア代表にまさかの連続失点【U-20W杯】

2023年05月25日(木)8時09分配信


タグ: , , , , , , , , , ,

年代別サッカー日本代表 最新ニュース


【写真:Getty Images】



サッカーU-20日本代表、痛恨の逆転負け。

 FIFA U-20ワールドカップアルゼンチン2023グループステージのグループC第2節、U-20コロンビア代表対U-20日本代表が現地時間24日に行われ、2-1でU-20日本代表が敗れた。第1節で勝利したチーム同士の対戦となったこの試合は、勝った方がグループステージ突破を決めることができる重要な一戦となった。



【AFC U-17アジアカップは「DAZN for docomo」で!
いつでもどこでも簡単視聴】


 序盤は一進一退の攻防が続いたが、アタッカーの個のクオリティで日本を上回るコロンビアが日本ゴールに迫り、クロスバーに助けられるシーンもあった。

 そんな中、30分にCKのチャンスを日本がものにする。右サイドのショートコーナーからペナルティエリア内に侵入した福井太智のマイナスへのパスを、走り込んできた山根陸が流し込んだ。デザインされたセットプレーがゴールに結びついた。

 しかしリードした後はコロンビアの攻勢がより強まり、日本は守備に追われる時間が増える。

 すると53分、コロンビアに右サイドを突破され、グラウンダーのクロスを10番のヤセル・アスピリージャに仕留められ、同点に追いつかれる。さらに6分後の59分、またも右サイドを崩され、最後は途中出場のトーマス・アンヘルにこぼれ球を押し込まれ、逆転を許してしまう。

 追いつきたい日本は83分OFR(オン・フィールド・レビュー)により相手のハンドでPKを獲得する。しかし、松木玖生のキックはクロスバーを叩き、同点のチャンスを逸してしまう。

 日本はその後もチャンスを作りコロンビアゴールに迫り続けたが、得点に至ることはできず、2-1の逆転負けという結果に終わった。

【関連記事】
サッカーU-20日本代表、痛恨の逆転負け…。印象が悪かったのは?【U-20コロンビア戦どこよりも早い採点】
U-20日本代表、イスラエル戦の放送予定・キックオフ時間は?【U-20ワールドカップ2023】
【順位表】FIFA U-20ワールドカップアルゼンチン2023<グループステージ組合せ>

【了】

新着記事

↑top