フットボールチャンネル

プレミアリーグ 11か月前

救世主! チェルシー歴代“大成功補強”ベストイレブン。大当たりだったのは…?

シリーズ:大成功補強ベストイレブン text by 編集部 photo by Getty Images

チェルシー最新ニュース

サッカーチームを強くするにあたって“補強”は欠かせない。プレミアリーグを代表する強豪であるチェルシーも毎シーズンのように選手を獲得して強化を図っている。今回は、21世紀以降でチェルシーが獲得した選手で“大成功”となった例をベストイレブン形式で紹介する。※移籍金などのデータは『transfermarkt』を参照。


GK:ペトル・チェフ(元チェコ代表)

【写真:Getty Images】

生年月日:1982年5月20日
在籍期間:2004年夏~2015年夏
移籍金:1300万ユーロ(約18.2億円)
クラブ通算成績:494試合303失点


【チェルシー参戦の欧州CLを観るならWOWOW!
加入月は視聴料が無料。TV・PC・アプリで視聴可能】


 21世紀のチェルシーの成功はペトル・チェフなしでは語れない。04年夏にスタッド・レンヌからプレミアリーグへとやって来たチェコ代表GKは、長い手足と抜群の反射神経を武器にビッグセーブを連発。長きにわたってチェルシーのゴールマウスを守った。

 プレミアリーグ史上最多となる202試合でのクリーンシート(アーセナル時代も含む)や1シーズンの最多クリーンシート(24試合)、ゴールデングローブ賞を史上最多タイの4回受賞するなど、リーグとチェルシーにまつわるGKの記録はほぼ全てチェフが保持している。

 チェルシーがタイトル獲得できるようになったのはチェフの存在が大きく、加入初年度の2004/05シーズンに同クラブは初めてプレミアリーグを制覇。以降4度のリーグ制覇に貢献した。また2011/12シーズンのチャンピオンズリーグ決勝では、延長戦でアリエン・ロッベンのPKを阻止すると、PK戦でも神がかったセーブを連発。2本のPKを阻止してクラブ史上初のビッグイヤー獲得の立役者となっている。

1 2 3 4 5 6

KANZENからのお知らせ

scroll top