Home » 海外サッカー » プレミアリーグ » 9人のリバプールで遠藤航に与えられた役割とは? 異例の事態で示した戦術理解度【分析コラム】 » Page 3

9人のリバプールで遠藤航に与えられた役割とは? 異例の事態で示した戦術理解度【分析コラム】

2023年10月01日(日)11時48分配信

シリーズ:分析コラム
text by 安洋一郎 photo Getty Images
タグ: , , , , , , , , , ,

失点シーンに遠藤の責任はあるか



 1-1で迎えた試合終了間際の95分、リバプールは敵陣でファウルを誘い、トッテナム陣内で途中出場のライアン・フラーフェンベルフがボールキープを試みた。しかし、トッテナムDFミッキー・ファン・デ・フェンが強引にボールを奪うと、そこから一気にカウンターがスタートした。

 リバプールディフェンスも一度はトッテナムの速攻を素早い帰陣で遅らせたが、最後は右SBのペドロ・ポロが入れたグラウンダーのクロスをジョエル・マティプがオウンゴールしてしまい勝負あり。この試合で最多の10のクリアを記録していた元カメルーン代表DFが、最後の最後で自軍ゴールにボールを蹴り込んでしまった。

 何とも言えない残酷なプレーで勝敗が決したわけだが、ファン・デ・フェンからのカウンターはファーストDFとなっていた遠藤が潰し切れなかったところから始まった。もちろんファウル覚悟でこの速攻を止めることができれば理想だったが、この失点に関しては彼に責任はないだろう。

 確かに遠藤はトッテナムのカウンターを止めることはできなかったが、第一に数的不利の状況で相手の複数選手を同時に見ながら潰すことは仮にファウルでも困難だ。その後リバプールは相手の攻撃を遅らせて、本来の[5-3-0]のブロックを作っており、リバプールのGKとDFの間にグラウンダーの鋭いクロスを入れたポロの技術と勝ち越しゴールを諦めなかったトッテナムの執念を褒めるべきだろう。

 そして2人が退場しながらも、今季リーグ戦では無敗のトッテナム相手にあと少しでドローに持ち込める展開にしただけで、最後まで戦い抜いたリバプールの選手たちも賞賛されるべきだ。

 確かに今節はトッテナムに勝ち点3を献上したが、この敗戦がリバプールをより強くするかもしれない。ユルゲン・クロップ監督が率いるチームは、こうした逆境になればなるほど強さを発揮する。

 これまでのリバプールの歩みを見てきたサポーターの中には、今以上にチームが強くなると確信した人もいたことだろう。シーズン終了後に今季を振り返ると、このゲームがターニングポイントになっていた可能性も十分にある。

(文:安洋一郎)
【関連記事】
遠藤航は? リバプール23/24シーズン予想スタメン全選手紹介&フォーメーション
リバプールで待つ遠藤航のライバル5人
給料高すぎ!?リバプール、年俸ランキング1~10位

1 2 3 4

新着記事

↑top