フットボールチャンネル

海外サッカー 9か月前

沈黙の前半から一変。三笘薫はなぜ躍動したのか?ブライトンが目を覚ました理由【EL分析コラム】

シリーズ:分析コラム text by 小澤祐作 photo by Getty Images

UEFAヨーロッパリーグ(欧州EL)最新ニュース

UEFAヨーロッパリーグ(EL)・グループリーグB第2節、マルセイユ対ブライトンが現地時間5日に行われ、2-2のドローに終わっている。サッカー日本代表MF三笘薫は左サイドハーフとしてフル出場。前半はかなり苦しい内容だったが、後半はアシストを記録するなど目を覚ました。その理由とは。(文:小澤祐作)


ブライトンは完全アウェイゲームに

UEFAヨーロッパリーグ・グループリーグ第2節、マルセイユ対ブライトンでフル出場を果たしたサッカー日本代表MF三笘薫
【写真:Getty Images】

 2-3で敗れたUEFAヨーロッパリーグ・グループリーグ第1節のAEKアテネ戦に引き続き、ブライトンは厳しい戦いを強いられた。

【欧州CL・ELを観るならWOWOW!
加入月は視聴料が無料。TV・PC・アプリで視聴可能】[PR]


 マルセイユの本拠地スタッド・ヴェロドロームは、現在開催中のラグビーワールドカップの試合会場にも使用されている影響で、ピッチ状態が良好とは言えず。また、マルセイユは世界でもトップクラスに熱狂的なサポーターが多いチームとしても知られており、5日のゲームでも凄まじい声援が選手たちを後押ししていた。ブライトンにとっては、アウェイ中のアウェイゲームといったところだ。

 その環境に飲み込まれるように、ブライトンはいきなり窮地に追い込まれる。19分に左サイドを崩されシャンセル・エンベンバにゴールネットを揺らされると、わずか1分後にはルイス・ダンクのミスが響いてジョルダン・ヴェレトゥに追加点を献上してしまった。

 早くも2点ビハインドを負ったブライトンはその後も立て直すことができず、0-2のまま後半へ向かうこととなった。スタッツはボール支配率こそ55.2%を記録したが、シュート数は5本。対して被シュート数は10本となっている(データサイト『Who Scored』を参照)。

 では、なぜブライトンはここまでの苦戦を強いられたのか。

1 2 3 4

KANZENからのお知らせ

scroll top