フットボールチャンネル

日本代表 5か月前

スペック最強は誰だ!? サッカー日本代表能力値ランキング11〜20位。活躍が期待される男たち【アジアカップ2023】

シリーズ:日本代表能力値ランキング text by 編集部 photo by Getty Images

サッカー日本代表 最新ニュース

AFCアジアカップカタール2023に臨むサッカー日本代表のメンバーが1日に発表された。サッカーという競技の特性上、彼らの能力を数値化するのは極めて困難であることを承知の上で、今季のスタッツを分析し、5項目に分類して数値化を試みた。ここでは日本代表メンバーの能力値をランキング形式で紹介する。(成績、市場価値は16日時点の『transfermarkt』を参照。発表時のメンバーが対象)


20位:毎熊晟矢(セレッソ大阪)


【写真:Getty Images】

生年月日:1997年10月16日
市場価値:130万ユーロ(約1.8億円)
2023リーグ戦成績:31試合1得点2アシスト
日本代表通算成績:5試合0得点1アシスト


アジアカップは日本代表戦を含む全51試合をDAZNスタンダードでライブ配信!
DMMプレミアムで通常よりお得に楽しめる最強プランはこちら[PR]


 2023年は毎熊晟矢にとって飛躍の年となった。昨季は松田陸から右サイドバックのポジションを奪い、開幕から主力としてプレー。そして、Jリーグでの活躍が認められ、サッカー日本代表入りを掴み取った。

 毎熊に転機が訪れたのは2020年。桃山学院大学からV・ファーレン長崎に加入し、手倉森誠監督に出会うことに。大卒1年目の毎熊は指揮官にFWからSBへコンバートされると、その攻撃センスを遺憾なく発揮し、加入1年目ながらチームの主力に定着した。長崎で2シーズンを過ごしたのち、2022年にC大阪へ加入となっている。

 数値が最も高いのは「フィジカル」で、これはスピードが影響している。トップスピードに乗せると止めることは困難だ。元々FWということもあり、攻撃の数値が「67.6」というのはSBとしては申し分ない。「スキル」も「63.4」とDFの中では悪くなく、ドリブルや前線へ送るスルーパスなどは光っている。

 一方で、「守備」が「61.7」とやや低く、まだ対人守備の寄せの甘さなど課題は山積みだ。日本代表デビュー戦となった昨年のトルコ代表戦では、相手に寄せるも止められず、最後はたまらずファウル。そこで与えたFKから失点を招いてしまった。今後長く国際舞台で活躍する上で、レベルアップは欠かせない。

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10

KANZENからのお知らせ

scroll top