フットボールチャンネル

フォーカス 1か月前

なんでダメだった? サッカー日本代表で輝けなかった名手6人。まるでクラブとは別人だった男たち

シリーズ:日本代表で輝けなかった歴代日本人 text by 編集部 photo by Getty Images

サッカー日本代表 最新ニュース

 チームが違えば求められる役割も変わるもので、クラブチームで圧倒的な存在感を放った選手でも、サッカー日本代表で印象が薄かった選手は多くいる。今回は、所属クラブでヒーローになったものの、代表では同じようなインパクトを残せなかった元日本代表の選手をピックアップして紹介する。


MF:藤田俊哉

【写真:Getty Images】

生年月日:1971年10月4日
日本代表成績:25試合4得点0アシスト

日本代表はDAZNで観よう!
月額720円お得に観るならDMM×DAZNホーダイ[PR]

 藤田俊哉は、清水商業高校で全国高校サッカー選手権優勝を経験し、1995年にジュビロ磐田でプロとしてのキャリアをスタートさせた。1年目からレギュラーとしてリーグ戦38試合に出場して7得点を挙げる活躍を見せると、1998シーズンは17得点を記録している。2001年にはJリーグ年間最優秀選手賞を受賞し、日本屈指のMFとして、磐田の黄金期を支える1人だった。

 2003年にはオランダのユトレヒトへ期限付き移籍を経験した藤田は、オランダでも一定の活躍をしたが、クラブの財政的な事情もあって完全移籍にはなっていない。その後日本復帰となり、磐田のほかに名古屋グランバスやロアッソ熊本などでコンスタントに活躍した。

 しかし、日本代表では存在感があまりなかったと言えるだろう。1995年の加茂周体制でデビューしたが、その後のフィリップ・トルシエ、ジーコのもとでもレギュラー確保には至らず。各クラブの中心選手が集まる日本代表で、藤田が中心のチームができあがることはなかった。日本代表で25試合に出場したが、1998年のFIFAワールドカップのメンバー入りも逃している。

1 2 3 4 5 6

KANZENからのお知らせ

scroll top