フットボールチャンネル

フォーカス 2か月前

パリ五輪世代最強は誰だ! 23歳以下のサッカー選手市場価値ランキング1〜10位。トップに立った怪物は?

シリーズ:世界市場価値ランキング text by 編集部 photo by Getty Images

8位:モイセス・カイセド(チェルシー/エクアドル代表)

チェルシーMFモイセス・カイセド
【写真:Getty Images】


生年月日:2001年11月2日
市場価値:8000万ユーロ(約112億円)
23/24リーグ戦成績:27試合0ゴール1アシスト

 8位にはエクアドルのモイセス・カイセドがランクインした。カイセドがチェルシーに移籍する際、イングランド史上最高額の移籍金が発生した。

 同選手はコロンビアリーグのインデペンディエンテ所属時代の2020年10月、FIFAワールドカップ・カタール大会南米予選で代表に初招集された。18歳ながらも出場した4試合で1ゴール3アシストの大活躍を収めるとビッククラブのスカウトの目にも止まるようになった。

 そんな中で迎えた2021年、カイセドはプレミアリーグの中堅クラブであるブライトンに加入。22/23シーズンには、新たにブライトンの監督に就任したロベルト・デ・ゼルビの攻撃的なサッカーの攻守の要として活躍した。中盤でのボール奪取能力や、最終ラインまで降りてきてビルドアップに貢献する正確なパスはチームに大きな推進力をもたらし、クラブ史上初のUEFAヨーロッパリーグ(EL)出場に大きく貢献した。

 この活躍により、2022年夏は600万ユーロ(約8億4000万円)だった市場価値は、2年足らずで8000万ユーロ(約112億円)に急上昇。チェルシーでの長期契約期間の中で、カイセドはどのようなプレーを見せ続けてくれるのだろうか。

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10

KANZENからのお知らせ

scroll top