フットボールチャンネル

大低迷…。欧州でまったく輝けなかった日本人選手(10)運が悪すぎ…。一瞬で居場所を失った元日本代表の主将

シリーズ:欧州で輝けなかった日本人選手 text by 編集部 photo by Getty Images

海外日本人選手 最新ニュース

今や日本人選手がヨーロッパのクラブに移籍することは珍しいことではなくなった。しかし、全ての選手が海外で輝きを見せるわけではない。チャンスを活かしきれずにJリーグに復帰する選手もいる。今回は大きな期待を背負いながらも欧州クラブで活躍しきれなかった日本人選手を紹介する。※成績は『transfermarkt』を参照。


DF:宮本恒靖


【写真:Getty Images】

生年月日:1977年2月7日
主な在籍クラブ:RBザルツブルク

今シーズンの欧州サッカーはDAZNで!
お得に観るならDMM×DAZNホーダイ[PR]


 のちに日本代表で主将も務めた宮本恒靖がガンバ大阪でトップチームデビューを飾ったのは1995年だった。1997シーズン・ファーストステージ後半戦から定位置を確保すると、2000シーズンにはキャプテンに就任。2005シーズンには、クラブ史上初のJリーグ制覇を成し遂げた。

 宮本がRBザルツブルクへ移籍したのは、2007年1月のこと。シーズン途中の加入ながらすぐに出場機会を得ると、同シーズンのリーグ優勝に貢献した。翌シーズンにはコンスタントに出場すると、同年12月には契約を1年半延長する。初の欧州リーグ挑戦は順調かに思われた。

 しかし、2008年1月に左太腿裏の腱を断裂。約7ヵ月ぶりの戦線離脱を強いられてしまった。同年8月には国内カップに出場したが、08/09シーズンから就任したコー・アドリアーンセ監督の下では出場機会が減少。復帰後はリーグ戦での出場機会が無く、活躍の場を失った宮本は2009年1月にヴェッセル神戸への移籍を決断した。

【関連記事】
大低迷…。欧州でまったく輝けなかった日本人選手 全選手紹介
大低迷…。欧州でまったく輝けなかった日本人選手(1)
大低迷…。欧州でまったく輝けなかった日本人選手(2)

【了】

KANZENからのお知らせ

scroll top