フットボールチャンネル

パリ五輪の“中心”になるはずが…。伸び悩んでしまった23歳以下の日本人選手(6)J1で不発。バルセロナにも注目された天才

シリーズ:伸び悩む日本人 text by 編集部 photo by Getty Images
パリオリンピック特集ページ

年代別サッカー日本代表 最新ニュース

今夏にパリ五輪(パリオリンピック)が開催される。数年前から同大会で誰が日本の中心になるのかという予想がされ、様々な選手の名前が挙がったが、その中には当時から大きく伸び悩んでしまった選手もいる。今回は、かつて注目を浴びながら思ったように成長できていない23歳以下の日本人選手を紹介する。※成績は『transfermarkt』を参照。


MF:西川潤(にしかわ・じゅん)

いわきFC所属の西川潤
【写真:Getty Images】

生年月日:2002年2月21日
所属クラブ:いわきFC
2024リーグ戦成績:13試合2得点1アシスト

U-23日本代表はDAZNで観よう!
通常より1270円お得に観るならDMM×DAZNホーダイ[PR]


 西川潤は中学生時代から将来を嘱望されていたパリ五輪世代のアタッカーだ。各世代別日本代表に名を連ね続け、2018年のAFC U-16選手権では日本の優勝に大きく貢献して大会MVPを受賞。その翌年のFIFA U-20ワールドカップには飛び級で選出されて主力としてプレーし、同年11月に行われたU-17ワールドカップでもU-17オランダ代表相手に1得点2アシストをマークして抜群の存在感を発揮した。

 優れたテクニックと攻撃的センスを持つ超高校級の存在として海外からも注目される選手となり、バルセロナが獲得に動いているともしきりに報じられていた。しかし2020年にセレッソ大阪に加入してからは、プロの壁にぶつかってしまう。在籍2シーズン合わせてリーグ戦の成績は30試合出場1ゴール0アシスト(スタメン出場は7試合)にとどまってしまった。

 2022、2023シーズンにサガン鳥栖に期限付き移籍して研鑽を積んだが、負傷の影響もありプレー時間や得点関与数といった結果に関しては満足のいくものではなかった。西川は徐々に成長を遂げているとはいえ、2020シーズンにプロキャリアをスタートさせてからJ1であげたゴールは2点のみ、かつて高校ナンバーワンアタッカーとも称され、パリ五輪日本代表の中心になるとも期待されていた選手の数字としては物足りない印象を受けてしまう。

 今季の西川はセレッソからJ2のいわきFCに育成型期限付き移籍で加入した。現在主力としてプレーしており、平均年齢23.2歳の若いチームを牽引する存在となっている。このまま活躍し続け、かつてのような輝きを取り戻すことができるか。

【関連記事】
パリ五輪の“中心”になるはずが…。伸び悩んでしまった23歳以下の日本人選手 全選手紹介
パリ五輪の“中心”になるはずが…。伸び悩んでしまった23歳以下の日本人選手(1)
パリ五輪の“中心”になるはずが…。伸び悩んでしまった23歳以下の日本人選手(2)

【了】

KANZENからのお知らせ

scroll top
error: Content is protected !!