フットボールチャンネル

「特長を見せられた」大車輪の活躍の堂安律が自身のゴールを語る【W杯アジア2次予選】

text by 編集部 photo by Getty Images

サッカー日本代表 最新ニュース

サッカー日本代表の堂安律
【写真:田中伸弥】



堂安律が日本代表の2点目を決めた

 サッカー日本代表は現地時間6日、FIFAワールドカップ26アジア2次予選 兼 AFCアジアカップサウジアラビア2027予選・グループリーグB最終節でシリア代表と対戦した。日本代表はこの一戦に5-0で勝利し、チームの2点目を挙げた堂安律が試合後にフラッシュインタビューに応じている。

日本代表はDAZNで観よう!
通常より1270円お得に観るならDMM×DAZNホーダイ[PR]


 終始出色のクオリティだった。右のウイングバックとして起用された堂安は、19分に得意の左足から鋭いシュートを突き刺すと、それ以降もチームの攻撃を牽引し続けた。

 後半にはシステムが3バックから4バックに変更され、堂安もポジションを2列目に移したが、日本代表の10番はさらに躍動。ドリブルで運び、シュートコースがあけば積極的に左足を振り抜いた。精度の高いクロスを放り込み、パスの出し手としても複数の見せ場を作った。

 試合後、堂安は「相手も勝たなければいけない状況の中でタフな戦い方をしてきたので、素晴らしい試合ができました」と語り、まずはシリア代表の奮闘を称えた。そのあとで、「サポーターがたくさん来てくれたので、勝てて良かったです」と自チームの勝利を喜んでいる。

 自身のゴールについては、代表の10番は「チームとして1対1をあの場面で作ってくれたので、(自分の)特長であるシュートを見せられました」と振り返った。また、前後半でシステムを変更して戦った点に関しては「新しいトライをする中で、大量得点で勝てて良かった」と述べている。

 インタビューの最後に、最終予選に向けて意気込みを聞かれると、堂安は「アジアカップでは悔しい思いをしてるので、アジア最強を見せつけるためにしっかり勝って、(予選)突破を決められるように頑張りたいです」と次の舞台を見据えた。

【関連記事】
久保建英、中村敬斗、堂安律…。サッカー日本代表のMVPに選んだのは?【シリア戦どこよりも早い採点】
英国人が見たサッカー日本代表「中村敬斗は…」「小川航基はもう少し…」「活躍してほしくないけど!複雑です…」
なぜ呼ばれない? サッカー日本代表に招集したかった6人。今回こそ呼ぶべきだったのは?

【了】

KANZENからのお知らせ

scroll top