フットボールチャンネル

「伸びしろがある」サッカー日本代表、冨安健洋が感じる手応え!「特別な感じはない」平常心で臨むシリア代表戦

text by 編集部 photo by Getty Images

サッカー日本代表 最新ニュース

サッカー日本代表DF冨安健洋
【写真:Getty Images】



冨安健洋が感じる手応え

 サッカー日本代表は6月11日、FIFAワールドカップ26アジア2次予選兼AFCアジアカップサウジアラビア2027予選第6節としてシリア代表とエディオンピースウイング広島で対戦する。この試合を前にアーセナルに所属する日本代表DF冨安健洋がインタビューに応えている。

日本代表はDAZNで観よう!
通常より1270円お得に観るならDMM×DAZNホーダイ[PR]


 6日に行われたミャンマー代表との第5節はベンチ外だった冨安は日本代表に対して「正直なところ伸びしろがあると思います。ポジティブな伸びしろであって、常に一緒にサッカーをしているわけじゃないので、それは当たり前のことなので、できている感覚というのもあります」と手応えを感じている。

 ミャンマー戦は欠場となったが、今回のシリア代表戦では冨安の先発が期待される。森保一監督も会見で「3バックは明日のシリア戦でもチームとしてより共有を図れるように、戦術の浸透度を上げていけるようにトライしたいなと思います」と3バックを採用することを明言。さらに、「ミャンマー戦からは選手を入れ替えて、大幅に入れ替えて戦いたいと思います」とメンバーを変更することにも言及している。

 冨安は「その3人がスタメンで出るならというふうに言わせてもらいますけど 」としつつ、「お互いの特徴は分かっていますし、しっかりコミュニケーションを取りながらやれているので」と自信を示している。さらに「(自分は)攻撃の選手だと思っていないので、そういう意味で後ろの選手が前の選手にどれだけいい状態でボールを渡してあげられるか、僕もマチ(町田浩樹)も滉くん(板倉滉)も後ろの役目かなと。サコ(大迫敬介)も」とシリア戦での自らの役割を理解している。

 冨安の言葉通りなら、町田、板倉、冨安が3バックを形成することになるが、3バックの戦術については「どの選手が出るかによって、DFの選手が前にいくのであれば1人少なくなるので、その分守るスペースが増えるかもしれないですけど、森保さんがいつも言っているように全員で守って全員で攻めるので、このチームには守備をサボるような前の選手はいないので」とコメント。また、「特別な感じはないというか、しっかり自分のやるべきことをやって、チームの勝利に貢献できればいいなと思います」と語り、やることは変わらず、平常心でシリア戦に臨めそうだ。

(取材:加藤健一、文・構成:編集部)

【関連記事】
日本代表、シリア戦のTV放送・配信予定・キックオフ時間は?
サッカー日本代表、シリア代表戦予想スタメン全選手紹介&フォーメーション
なぜ呼ばれない? サッカー日本代表に招集したかった6人。今回こそ呼ぶべきだったのは?

【了】

KANZENからのお知らせ

scroll top