フットボールチャンネル

「戦術の浸透度を…」サッカー日本代表監督がシリア戦も3バック起用を示唆?「思い切ってプレーを…」【W杯アジア2次予選】

text by 編集部 photo by Getty Images

サッカー日本代表 最新ニュース

シリア戦の前日会見に臨む森保一監督
【写真:Getty Images】



サッカー日本代表はシリア戦でも3バックを採用?

 サッカー日本代表は11日エディオンピースウイング広島で、FIFAワールドカップ26アジア2次予選 兼 AFCアジアカップサウジアラビア2027予選 第6節でシリア代表と対戦する。この試合の前日会見に出席した森保一監督が、テストしている3バックについて言及した

日本代表はDAZNで観よう!
通常より1270円お得に観るならDMM×DAZNホーダイ[PR]


 シリア選に向けて森保監督は、「これまで通り、目の前の1戦に勝つということ、そして、最終予選、その先に向けてチームの積み上げができるようにチャレンジしたい」と意気込みを語った。今回の6月の2連戦の大きなチャレンジとなっている3バックに関しては、「明日のシリア戦でもチームとしてより共有を図れるように、戦術の浸透度を上げていけるようにトライしたい」と述べ、3バックを採用することを示唆した。

 その3バックに関しては、6日に行われたミャンマー戦の前日にMF守田英正が森保監督に「3バックの方がハマる」と伝えたことに関して質問が及ぶと、森保監督は以下のように答えた。「判断基準はチームが勝つためにためにということを第一に考えるとともに、選手たちにどれだけ思い切ってプレーをできるか」と3バックか4バックを採用するうえでの、基準について丁寧に答えた。
 
 また3バックを採用することにより、本来のポジションより守備のタスクが求められる、ウィングバックでのプレーが予想される、中村敬斗や前田大然らについては、「長い距離を走って攻撃にも絡む、守備にも貢献するという部分を期待したい」と具体的に求めているプレーについて語った。

 続けて、所属するSCフライブルクでは、右のウィングバックでプレーしているものの、ミャンマー戦ではシャードーの位置で先発入りした堂安について、森保監督は「3-4-2-1のシステムにした場合、律にはシャドウとWBのポジションでプレーしてもらいたい」と考えを述べたうえで、「ミャンマー戦でシャドウのポジションでプレーしてもらったので、ウイングバックもできれば、チームとして戦術の幅を広げられる」と、2つのポジションでの起用を考えていることを明かした。
 
 さらに冨安健洋を代表するように、伊藤洋輝や町田浩樹など多くの日本人DFが海外で活躍している状況も、3バックを採用する一つの要素になっていることも明かした。森保監督は、「DFの選手が欧州や世界の舞台で力を見せてくれている」と前置きしたうえで、「(3バックだと)カバーしなければいけないプレーエリアは広がるかもしれないが、そこをカバーしながら、攻撃にも移っていけるというところが具現化できることを選手たちが見せてくれていると思うので、このチャレンジができる」と、DF陣の信頼を口にした。

(取材:元川悦子、文・構成:編集部)

【関連記事】
日本代表、シリア戦のTV放送・配信予定・キックオフ時間は?
サッカー日本代表、シリア代表戦予想スタメン全選手紹介&フォーメーション
なぜ呼ばれない? サッカー日本代表に招集したかった6人。今回こそ呼ぶべきだったのは?

【了】

KANZENからのお知らせ

scroll top