フットボールチャンネル

「バランスが一番難しかった」サッカー日本代表、上田綺世がオランダでの苦悩を語る。「デビューから…」【W杯アジア2次予選】

text by 編集部 photo by Getty Images

サッカー日本代表 最新ニュース

サッカー日本代表の上田綺世
【写真:Getty Images】



サッカー日本代表FW上田綺世がオランダで苦労した部分とは?

 サッカー日本代表は11日にエディオンピースウイング広島で、FIFAワールドカップ26アジア2次予選 兼 AFCアジアカップサウジアラビア2027予選 第6節でシリア代表と対戦する。6日に行われた、ミャンマー戦では出番のなかったFW上田綺世が取材に応じた。

日本代表はDAZNで観よう!
通常より1270円お得に観るならDMM×DAZNホーダイ[PR]


 前回の試合では、1トップでスタメン入りしたFW小川航基が格下相手ながら、2ゴールを決めたことで、同じポジションを争う上田も結果を残したいところだ。シリア戦に向けて上田は「フィジカル的にもパワフルなサッカーをしてくるのは間違いないと思うんで、そこを構えずに、僕らもアグレッシブに戦っていきたい」と、意気込みを語った。

 小川が結果を残したことで、1トップだけでなく小川との2トップに関しても質問が及ぶと、上田は「ツートップにして点を取りに行くってなったら、増えるかもしれないし、もしかしたらビルドアップを捨てて蹴り込むことも、もちろんあるかもしれないですけど、ベースは1トップなんで、いろいろ器用さが求められる」と冷静に回答した。

 その「器用」な部分を、今シーズンから加入したフェイエノールトでは、特に求められていた模様。上田は「ポストプレーも求められるし、ビルドアップとか、ポールポゼッションに参加しながら、ゴール前で結果を残す。その(プレーの)バランスが一番難しかった」と語り、シーズン終盤は結果を残したものの今季はオランダリーグで5得点に終わった1年目を振り返った。

 さらに上田は、「より良い結果を求めてやってるんで、それをデビューからずっとやってきて、少しずつ自分のプレースタイルとか、そういうところも表現できるようにはなってきてると思うんで、明日も継続して出していきたいなと思う」とコメントし、シリア戦の活躍を誓った。

(取材:元川悦子、文・構成:編集部)

【関連記事】
日本代表、シリア戦のTV放送・配信予定・キックオフ時間は?
サッカー日本代表、シリア代表戦予想スタメン全選手紹介&フォーメーション
なぜ呼ばれない? サッカー日本代表に招集したかった6人。今回こそ呼ぶべきだったのは?

【了】

KANZENからのお知らせ

scroll top