フットボールチャンネル

「難しいですけど…」サッカー日本代表、旗手怜央が可変システムの構築に前向き?「クラブと違って…」【W杯アジア2次予選】

text by 編集部 photo by Getty Images

サッカー日本代表 最新ニュース

シリア戦前にした旗手怜央
【写真:Getty Images】



サッカー日本代表、旗手怜央が3バックについて言及

 サッカー日本代表は11日にエディオンピースウイング広島で、FIFAワールドカップ26アジア2次予選 兼 AFCアジアカップサウジアラビア2027予選 第6節でシリア代表と対戦する。6日のミャンマー戦では、前半で交代したものの、好印象を残したMF旗手怜央が3バックについて言及した。

日本代表はDAZNで観よう!
通常より1270円お得に観るならDMM×DAZNホーダイ[PR]


 前回の試合で、3バックをテストした日本代表の2ボランチの一角として先発出場した旗手は、鎌田大地とのスムーズな連係からシュートを放つなど、随所に存在感を放った。また、シャドーの位置でスタートした鎌田と頻繁にポジションチェンジを行うなど、流動的に動いた旗手は、「ピッチ上でも話し合って、あの形がベストなんじゃないかと。僕がちょっと前に行って守田(英正)くんと縦関係になる方がいいということであの形になりました」と述べ、スタートから高い位置を取った理由を明かしている。

 そんな旗手は、今回の活動で関心が集まっている3バックを敷いた布陣では、ボランチやシャドー、ウィングバックでの出場も考えられる。旗手は起用法に関して、「ポジションごとにやるべきことが変わってくると思うので、与えられたポジションでしっかりと役割を果たせればいいのかなと思う」と前向きに語った。

 続けて、「(3バックは)オプションの1つとしてだと思うし、5バックだから自分達が引いてブロックを作るというわけではなく、前からプレスをかけるように言われている。あとは対戦相手によって変えていくというところだと思う。そこは選手たちが対応できるようにやっていければ」とコメントし、柔軟に対応することの重要性を説いた。

 また、代表活動という限られた時間の中で3バックや4バックに可変するシステムを構築することは難しいという見方について、旗手は「難しいですけど、難しいと言ってると言い訳になってしまう。クラブと違って代表はそこが求められるところだと思う。選手一人一人の対応力だったり、理解力というのはやっぱり求められるので、選手一人ひとりが成長していく必要がある」と、クラブとの違いを認めながらも、新しい試みに意欲を示した。

【関連記事】
日本代表、シリア戦のTV放送・配信予定・キックオフ時間は?
サッカー日本代表、シリア代表戦予想スタメン全選手紹介&フォーメーション
なぜ呼ばれない? サッカー日本代表に招集したかった6人。今回こそ呼ぶべきだったのは?

【了】

KANZENからのお知らせ

scroll top