フットボールチャンネル

「ここからは全くの別次元」サッカー日本代表が5-0で圧勝!指揮官は最終予選進出を喜ぶも次を見据える【W杯アジア2次予選】

text by 編集部 photo by Shinya Tanaka

サッカー日本代表 最新ニュース

サッカー日本代表の指揮官を務める森保一監督
【写真:田中伸弥】



堂安律のゴールなどで日本代表が勝利

 サッカー日本代表は現地時間6日、FIFAワールドカップ26アジア2次予選 兼 AFCアジアカップサウジアラビア2027予選・グループリーグB最終節でシリア代表と対戦した。日本代表はこの一戦に5-0で勝利し、指揮官を務める森保一監督が試合後のインタビューに応じている。

日本代表はDAZNで観よう!
通常より1270円お得に観るならDMM×DAZNホーダイ[PR]

 序盤から猛攻を仕掛ける日本代表は、上田綺世の得点をきっかけに圧巻のゴールショーを展開した。22分までに計3得点を挙げたホームチームは、後半も攻撃の手を緩めない。システムを3バックから4バックに変更すると、相馬勇紀や鎌田大地らを投入する。

 後半は相馬がPKを沈め、南野拓実がゴールショーを締めくくる一撃を放ち、日本代表は全5得点を記録する。最終予選に向け、圧倒的な内容で2次予選を終えた。

 森保監督はインタビューで、開口一番に「たくさんのサポーターのみなさんがスタジアムに来てくれました。テレビの前の皆さんも含め、多くの方々の声援のおかげで選手たちは頑張れました」とチームのファンに向けてメッセージを送った。
 
 日本代表は2次予選を全勝かつ無失点で終え、圧倒的な強さを見せて最終予選に臨む。チームの好成績と選手の頑張りを労いながら、指揮官は「ここから始まる最終予選はまったく別次元の戦いになると思います。これまでやってきたことを積み重ねながら、最終予選では気を引き締めて戦いたいです」と未来を見据えた。

【関連記事】
久保建英、中村敬斗、堂安律…。サッカー日本代表のMVPに選んだのは?【シリア戦どこよりも早い採点】
英国人が見たサッカー日本代表「中村敬斗は…」「小川航基はもう少し…」「活躍してほしくないけど!複雑です…」
なぜ呼ばれない? サッカー日本代表に招集したかった6人。今回こそ呼ぶべきだったのは?

【了】

KANZENからのお知らせ

scroll top