フットボールチャンネル

「敬斗とは試合前から話していた」日本代表のストライカー上田綺世が自身の先制点を振り返る【W杯アジア2次予選】

text by 編集部 photo by Getty Images

サッカー日本代表 最新ニュース

サッカー日本代表FW上田綺世
【写真:田中伸弥】



上田綺世がこの試合のファーストゴールを挙げる

 サッカー日本代表は現地時間6日、FIFAワールドカップ26アジア2次予選 兼 AFCアジアカップサウジアラビア2027予選・グループリーグB最終節でシリア代表と対戦した。日本代表はこの一戦に5-0で勝利し、チームの先制ゴールを挙げた上田綺世が試合後にインタビューに応じた。

日本代表はDAZNで観よう!
通常より1270円お得に観るならDMM×DAZNホーダイ[PR]


 13分、左サイドでボールを受けた中村敬斗がドリブルで縦に持ち込むと、左足でクロスを上げる。そのボールに、中で待っていた上田がヘディングで合わせ、日本代表に先制点をもたらした。

 以降も上田は積極的にゴールを狙い、試合が終わるまでシュートを打ち続けた。ミャンマー代表戦では小川航基が2ゴール1アシストの活躍を見せたが、今回のゲームでは日本代表の9番が矜持を見せている。

 試合後、上田は自身のゴールについて「敬斗とは試合前から話していたので、それに上手く合わせられた」と振り返る。また、2次予選で6ゴールを決め、CFとして抜群の結果を残していることに関しては「味方から良いボールをもらえているし、少しずつ噛み合ってきたと思います」と語った。

 最終予選に向けて意気込みを聞かれると、上田は「またそれぞれ自分のチームに戻って、良いパフォーマンスをして日本代表として戦えるように頑張ります」と答えた。

【関連記事】
久保建英、中村敬斗、堂安律…。サッカー日本代表のMVPに選んだのは?【シリア戦どこよりも早い採点】
英国人が見たサッカー日本代表「中村敬斗は…」「小川航基はもう少し…」「活躍してほしくないけど!複雑です…」
なぜ呼ばれない? サッカー日本代表に招集したかった6人。今回こそ呼ぶべきだったのは?

【了】

KANZENからのお知らせ

scroll top