Jリーグ

Jリーグの最新コラム・ニュースを網羅! ここを読めばJリーグの今がわかります。

J3各クラブチームのスタイルは?

J3各クラブチームのスタイルは? 2014.04.11

今季から創設された明治安田生命J3リーグは金沢と琉球を除いて5節まで消化。Jリーグ全体で見ると多くのクラブチームが増えたため、どのようなチームなのか、どのようなサッカーをしているのか追えていないサッカーファンも多くいるだろう。今回はデータを利用してJ3各クラブチームのスタイルをまとめてみた。

ビジョンなき経営方針の陥る罠。債務超過のサッカークラブは募金で本当に救われるのか?

ビジョンなき経営方針の陥る罠。債務超過のサッカークラブは募金で本当に救われるのか? 2014.04.11

ザスパクサツ群馬が債務超過に陥っている。クラブの危機と言える状況で行われたのは募金活動。これまで1000万円を超える額が集まっているが、果たしてそれが本当にクラブを救う正しい手段だろうか。

【J1第7節プレビュー】激戦必至の「大阪ダービー」

【J1第7節プレビュー】激戦必至の「大阪ダービー」 2014.04.11

開幕から6試合でいまだ勝利のない仙台が監督交代に踏み切るなど、現状を打破するために大なたを振るうチームが現れ始めたJ1。7節は4月11日に1試合、12日に8試合開催される。注目の一戦は、C大阪がG大阪をホームに迎える「大阪ダービー」。互いの攻撃スタイルがぶつかり合う好ゲームが期待される。

【J1第6節プレビュー】リーグ戦2年ぶりとなる名門対決のゆくえは

【J1第6節プレビュー】リーグ戦2年ぶりとなる名門対決のゆくえは 2014.04.04

リーグ戦も5試合を消化し、上位と下位の差は徐々に開き始めた。浮上のキッカケをつかもうとするチームがいる中で、首位を快走しているのは若手の台頭著しい鹿島。今節は数々の名勝負を繰り広げたG大阪と対戦する。敵地でライバルを退け、勢いに弾みをつけられるか。

現在J2首位。曹貴裁体制3年目、成熟の湘南スタイル

現在J2首位。曹貴裁体制3年目、成熟の湘南スタイル 2014.04.04

Jリーグで唯一の開幕5連勝。1年でのJ1復帰を目指す湘南は、開幕からすがすがしいまでのアグレッシブなサッカーを展開し、首位を快走している。

英国人が語る、日本人が気づきにくい日本サッカーの成長と世界に誇るべき魅力

英国人が語る、日本人が気づきにくい日本サッカーの成長と世界に誇るべき魅力 2014.04.03

来日30年。マイケル・プラストウ氏は、日本サッカーの黎明期から見つめ続けている英国人ジャーナリストだ。人種差別の問題や、J3創設、2ステージ制、秋春制以降問題などJリーグは新たな転換期を迎えている。プラストウ氏は、そんな日本サッカーの現状をグローバルな視点から語ってくれた。第5回は、日本サッカーの成長と将来について。

2014J2 3月ベストイレブン

2014J2 3月ベストイレブン 2014.04.03

「Football LAB」が選ぶ3月のJ2のベストイレブンは下記の通りとなりました。

2014J1 3月ベストイレブン

2014J1 3月ベストイレブン 2014.04.03

「Football LAB」が選ぶ3月のJ1のベストイレブンは下記の通りとなりました。

20140329_abe

犠牲になった4万人、浦和への処分は妥当か?「JAPANESE ONLY」より悪質なこと 2014.03.29

先週、差別的な横断幕により無観客試合の処分を受けた浦和レッズ。果たしてこの処分は妥当なのか? 以前にはそれよりも悪質なことをしていたのではないだろうか。

英国人記者が指摘する2ステージ制の矛盾。「リーグのためにならない。昨季の大宮が優勝しても何の意味がある?」

英国人記者が指摘する2ステージ制の矛盾。「リーグのためにならない。昨季の大宮が優勝しても何の意味がある?」 2014.03.28

来日30年。マイケル・プラストウ氏は、日本サッカーの黎明期から見つめ続けている英国人ジャーナリストだ。人種差別の問題や、J3創設、2ステージ制、秋春制以降問題などJリーグは新たな転換期を迎えている。プラストウ氏は、そんな日本サッカーの現状をグローバルな視点から語ってくれた。第4回は、2ステージ制や秋春制問題について。

【J1第5節プレビュー】堅守の横浜FMと鹿島による上位対決

【J1第5節プレビュー】堅守の横浜FMと鹿島による上位対決 2014.03.28

開幕3連勝の鹿島と横浜FMが4節にそろって完封負けを喫し、無敗のチームが早くも消滅。今季も混戦を予感させるJ1の5節は、3月28日と29日に開催される。注目カードは、横浜FMが日産スに鹿島を迎えてのホームゲーム。両者にとって仕切り直しの一戦が、そのまま首位攻防戦となる。

チームづくりに失敗した新監督。仙台が苦境から這い上がるために必要なこと

チームづくりに失敗した新監督。仙台が苦境から這い上がるために必要なこと 2014.03.27

ベガルタ仙台が序盤戦で大きく躓いている。まだ勝ち星なく、内容も決していいものではない。今季からアーノルド新監督を迎えたが、なぜ苦戦しているのか。そしてこの状況を脱却するために何が必要なのか。

20140308_j3-1_kudo

英国人記者が語るJ3。「全国リーグでの実施は理解出来ない」「高校サッカーが面白いなら楽しめるはず」 2014.03.27

来日30年。マイケル・プラストウ氏は、日本サッカーの黎明期から見つめ続けている英国人ジャーナリストだ。人種差別の問題や、J3創設、2ステージ制、秋春制以降問題などJリーグは新たな転換期を迎えている。プラストウ氏は、そんな日本サッカーの現状をグローバルな視点から語ってくれた。第3回は、J3創設とJリーグの目指すべき将来について。

その“1センチ”で何かが変わる。試合をさらに熱くするためにサッカー観戦者に提案したいこと

その“1センチ”で何かが変わる。試合をさらに熱くするためにサッカー観戦者に提案したいこと 2014.03.26

埼玉スタジアムでJリーグ史上初の無観客試合が行われた日、同じさいたま市には笑顔に包まれたスタジアムもあった。日本最古のサッカースタジアムの魅力や、より人々を惹き付けるための提案とは。

英国人記者が語る日本のスタジアム問題。「日産スタは雰囲気足りない。横浜に3万人の屋根付きスタあるといい」

英国人記者が語る日本のスタジアム問題。「日産スタは雰囲気足りない。横浜に3万人の屋根付きスタあるといい」 2014.03.26

来日30年。マイケル・プラストウ氏は、日本サッカーの黎明期から見つめ続けている英国人ジャーナリストだ。人種差別の問題や、J3創設、2ステージ制、秋春制以降問題などJリーグは新たな転換期を迎えている。プラストウ氏は、そんな日本サッカーの現状をグローバルな視点から語ってくれた。第2回は、スタジアム問題について。

新着記事

↑top