Jリーグ

崩壊した西の横綱『ガンバ大阪 低迷の一年を追う』

崩壊した西の横綱『ガンバ大阪 混迷の一年を追う』 2013.01.18

圧倒的な攻撃力で常にJ1の優勝争いをしてきたガンバ大阪。しかし、昨年まさかの降格。短期間でここまでの転落に至った要因は何か? 本当に社長だけの責任なのか? 現場・フロント、混迷を続けたクラブの問題点を、番記者が検証する。

検証・移籍ルール変更後のJリーグ ~Jクラブは直面する現実にどう対処すべきか?~

検証・移籍ルール変更後のJリーグ ~Jクラブは直面する現実にどう対処すべきか?~(後編) 2013.01.17

FIFAルール採用でそれまでローカルルールとして存在していた国内の移籍保償金が撤廃されてから1年余り。相次ぐ0円移籍など、その影響は如実に現れている。Jリーグのクラブや選手は直面する問題をどのように解決するべきか?鹿島アントラーズの鈴木満強化部長、ヴァンフォーレ甲府の佐久間悟GM、日本サッカー協会認定選手エージェントの田邊伸明氏に話を聞き、これからの移籍のあるべき姿を考察する。

検証・移籍ルール変更後のJリーグ

検証・移籍ルール変更後のJリーグ ~Jクラブは直面する現実にどう対処すべきか?~(前編) 2013.01.16

FIFAルール採用でそれまでローカルルールとして存在していた国内の移籍保償金が撤廃されてから1年余り。相次ぐ0円移籍など、その影響は如実に現れている。Jリーグのクラブや選手は直面する問題をどのように解決するべきか?鹿島アントラーズの鈴木満強化部長、ヴァンフォーレ甲府の佐久間悟GM、日本サッカー協会認定選手エージェントの田邊伸明氏に話を聞き、これからの移籍のあるべき姿を考察する。

鹿島アントラーズは覇権を奪還できるか?

【番記者が補強戦略を分析】鹿島アントラーズは覇権を奪還できるか? 2013.01.13

鹿島アントラーズは今季の移籍市場で、ダヴィ、中村充孝、前野貴德を獲得。そして興梠慎三、新井場徹、増田誓志を放出した。この補強戦略が意味するものとは何か。番記者が分析した。

ダヴィとレアンドロはなぜ日本に戻ってきたのか?

ダヴィとレアンドロはなぜ日本に戻ってきたのか? 2013.01.10

ダヴィ、レアンドロ、バレーと中東クラブからJへ出戻りする選手が増えている。彼らはなぜ再び日本の地を踏むようになったのか。そして移籍事情が変化しつつある昨今、Jリーグのクラブ側に求められるものとは?

キングがヴェルディに残したもの

キングがヴェルディに残したもの~ともに歴史を築いた者たちの回想録~(後編) 2013.01.07

Jリーグ元年、スター軍団として一世を風靡した「ヴェルディ川崎」。絶頂期のチームいたカズはどのような存在だったのか? またカズはヴェルディに何を残したのか?元チームメイトである武田修宏氏、元社長の坂田信久氏に話を聞いた。

キングがヴェルディに残したもの

キングがヴェルディに残したもの~ともに歴史を築いた者たちの回想録~(中編) 2013.01.06

Jリーグ元年、スター軍団として一世を風靡した「ヴェルディ川崎」。絶頂期のチームいたカズはどのような存在だったのか? またカズはヴェルディに何を残したのか?元チームメイトである武田修宏氏、元社長の坂田信久氏に話を聞いた。

キングがヴェルディに残したもの

キングがヴェルディに残したもの~ともに歴史を築いた者たちの回想録~(前編) 2013.01.05

Jリーグ元年、スター軍団として一世を風靡した「ヴェルディ川崎」。絶頂期のチームいたカズはどのような存在だったのか? またカズはヴェルディに何を残したのか?元チームメイトである武田修宏氏、元社長の坂田信久氏に話を聞いた。

積極的な補強を見せる浦和レッズ

積極的な補強を見せる浦和レッズ。興梠、関口、森脇、そして那須の取扱説明書 2013.01.04

昨シーズンJリーグ3位に入り、2013シーズンのACL出場権を獲得した浦和レッズ。ミハイロ・ペトロヴィッチ監督の下、今オフは積極的な補強策に打って出ている。既に広島から森脇、仙台から関口を獲得し、鹿島から興梠の獲得も発表された。また、柏から那須の獲得も噂されている。各クラブの番記者に、それぞれの選手の特徴を聞き、今季の浦和レッズを占う。

柏レイソルの選手たちが語る、天皇杯決勝戦

柏レイソルの選手たちが語る、天皇杯決勝戦 2013.01.02

天皇杯、ガンバ大阪との決勝戦で決勝点となるヘディングでのゴールを決めた渡部博文が語る、決勝戦への思い。そして、渡部のゴールをコーナーキックからアシストした、ジョルジ・ワグネルが語るACLへの思いを、両選手のコメントからお伝えします。

柏レイソルはなぜ天皇杯で優勝することができたのか?

柏レイソルは、なぜ天皇杯で優勝することができたのか? 2013.01.02

第92回天皇杯全日本サッカー選手権大会は、決勝戦でガンバ大阪を1-0で下した柏レイソルが優勝を飾った。柏は前身の日立製作所時代以来、三回目の優勝となり、Jクラブ化後は初の快挙だ。出場停止や負傷離脱でメンバーの揃わなかった柏の天皇杯での戦いだが、彼らが優勝できた要因はどこにあったのか?

柏レイソルは「常勝チーム」への一歩を踏み出せるか

決勝戦でエースが復帰。柏レイソルは「常勝チーム」への一歩を踏み出せるか 2012.12.31

リーグ最終節で退場となり、3試合の出場停止を受けた柏のエース、レアンドロ・ドミンゲス。柏は天皇杯の決勝へ駒を進め、決勝戦という絶好の舞台でエースが復帰することになった。因縁浅からぬG大阪との対戦を制して、柏は常勝チームへ向けた一歩を踏み出すことができるのか。

遠藤保仁の「戦術眼」

ガンバ大阪・遠藤保仁の「戦術眼」(後編) 2012.12.29

『天才プレーメーカーの真価を読み解く』
ガンバ大阪や日本代表でチームを指揮する遠藤保仁。彼の卓越したプレービジョンとインテリジェンスを考察していく。

柏レイソルの育成戦略

柏レイソルの育成戦略が示す、日本的な育成システムの構築法 2012.12.29

『クラブ改革の3つのステップ』
酒井宏樹、工藤壮人、茨田陽生など、アカデミーからトップへ有能な選手を多く輩出する柏レイソル。クラブが育成に力を注ぐ背景には、どのようなビジョンがあるのだろうか。ユース年代の指導者、アカデミーダイレクターを経て、強化部長に就任した吉田達磨氏の話をもとに、育成をベースとしたクラブ改革の全貌に迫った。

遠藤保仁の「戦術眼」

ガンバ大阪・遠藤保仁の「戦術眼」(前編) 2012.12.28

『天才プレーメーカーの真価を読み解く』
ガンバ大阪や日本代表でチームを指揮する遠藤保仁。彼の卓越したプレービジョンとインテリジェンスを考察していく。

新着記事

↑top