Jリーグ

Jリーグの最新コラム・ニュースを網羅! ここを読めばJリーグの今がわかります。

リーグ戦復調の王者・広島。ACLを“捨てた”森保監督のマネジメントは正しかったのか?

リーグ戦復調の王者・広島。ACLを“捨てた”森保監督のマネジメントは正しかったのか?(後編) 2013.05.29

昨季の王者サンフレッチェ広島に復調の兆しが見える。ここ8試合で勝ち点16を積み上げ4位にまで順位を上げてきた。これには惨敗したACLが関係してくる。若手を積極的に起用し、「捨てたのか」と一部で批判も出た広島のACLでの戦い。果たして森保監督のマネジメントは正しかったのか?

突如浮上したJリーグの2ステージ制移行案。メリット見えにくい改革案は日本サッカーのためになるのか?

突如浮上したJリーグの2ステージ制移行案。メリット見えにくい改革案は日本サッカーのためになるのか? 2013.05.28

突如、降って湧いてきたJリーグの2ステージ制移行案。現状の1ステージ制からかつての2ステージ制に戻すメリットはどこあるのか? そして秋春制(シーズン移行)との関係は? 果たしてJリーグは良い方向に進んでいるのだろうか。

リーグ戦復調の王者・広島。ACLを“捨てた”森保監督のマネジメントは正しかったのか?

リーグ戦復調の王者・広島。ACLを“捨てた”森保監督のマネジメントは正しかったのか?(前編) 2013.05.28

昨季の王者サンフレッチェ広島に復調の兆しが見える。ここ8試合で勝ち点16を積み上げ4位にまで順位を上げてきた。これには惨敗したACLが関係してくる。若手を積極的に起用し、「捨てたのか」と一部で批判も出た広島のACLでの戦い。果たして森保監督のマネジメントは正しかったのか?

20130525_kashima_mtk

鹿島、鮮やかな逆転劇。選手たちは試合のベクトルをどう変えたのか? 2013.05.27

25日、ホームにFC東京を迎えた鹿島アントラーズ。2点を先制される苦しい試合展開の中、後半の3ゴールで鮮やかに逆転。鹿島は前後半で何を変えたのか?

ブーイングから考える。Jサポーターは試合を正しく観れているのか?

ブーイングから考える。Jサポーターは試合を正しく観れているのか? 2013.05.27

接触プレー、微妙な判定、起こるたびにサポーターはブーイングする。だが、必ずしもそれが正しいブーイングとは限らない。

20130525_kudo2

日本代表に選出された工藤壮人が持つ“柏の背番号9”に対する哲学と強い責任感 2013.05.25

16日に発表された日本代表メンバーに、今季柏レイソルで公式戦13ゴールと活躍を見せている工藤壮人の名前があった。北嶋秀朗から引き継いだ“柏の背番号9”に対して工藤が持つ哲学に、番記者が迫る。

20130525_davi_mkt

強さを取り戻した鹿島。トニーニョ・セレーゾは常勝軍団に何をもたらしたのか? 2013.05.25

昨季、リーグ戦11位とまさかの順位に終わった鹿島アントラーズ。トニーニョ・セレーゾ監督を迎えた今季はここまで4位と強さを取り戻した感がある。昨季との変化とは何か? 番記者が迫る。

仙台・ウィルソンの不可解な出場停止。協会の誠意なき対応が招いた重大な過失

仙台・ウィルソンの不可解な出場停止。協会の誠意なき対応が招いた重大な過失 2013.05.24

5月16日に行われたJ1第12節・横浜FM対ベガルタ仙台戦のピッチに、ウィルソンの姿はなかった。前日にAFCから急遽2試合停止処分を言い渡されたウィルソンは、出場することが叶わなかった。試合前日に出場停止が決まるという不可解なことが、何故起こったのか?

序盤の劣勢を跳ね返したACL全北戦。柏をベスト8に導いた“ネルシーニョ・マジック”

序盤の劣勢を跳ね返したACL全北戦。柏をベスト8に導いた“ネルシーニョ・マジック” 2013.05.23

22日、ACLラウンド16・2ndレグ、柏レイソル対全北現代の試合が行われ、柏が3-2で勝利。2試合合計5-2としてラウンド8への切符を手にした。柏は序盤全北の猛攻に晒され先制点を献上したが、その後システムの変更で流れを取り戻した。ネルシーニョ監督が選択した手段とは?

まさかの4連敗。名古屋はなぜ勝てないのか? ストイコビッチ体制が迎えた限界

まさかの4連敗。名古屋はなぜ勝てないのか? ストイコビッチ体制が迎えた限界 2013.05.23

名古屋グランパスが苦しんでいる。多くのタレントを抱えながらリーグ戦で4連敗。一体何が起こっているのか? 絶不調に陥った要因を徹底分析する。

戦力ダウンをカバーできない可能性も? 遠藤と今野が離脱するガンバが抱える不安材料

戦力ダウンをカバーできない可能性も? 遠藤と今野が離脱するガンバが抱える不安材料 2013.05.22

一時期の不調を脱却し、本来の力を発揮しつつあるガンバ大阪。だが、6月に向けて不安材料がある。遠藤と今野が代表戦で離脱するからだ。J1と違い、コンフェデ期間も試合のあるJ2。ガンバは苦しい時期を乗り越えることができるか?

20130521_tanaka

ACLラウンド16・2ndレグを優位な状況で迎える柏 ベンチワークのカギを握る“切り札”田中順也 2013.05.21

先週行われたACLラウンド16・1stレグで、柏はアウェーで全北現代と対戦し2-0で勝利した。アウェイゴール2点という大きなアドバンテージを得て迎える2ndレグ、予想される試合展開と柏の対応について分析する。

20130519_urawa1

大量6得点を奪った浦和レッズ。攻撃にアクセントを加えた“右ストッパー”森脇良太 2013.05.19

18日に行われた浦和レッズ対サガン鳥栖の試合は、浦和が6-2で勝利した。後半は押し込まれる時間帯もあったものの、最終的に大量得点を挙げた浦和の攻撃にアクセントをつけた、森脇良太のプレーに迫る。

20130518_sekizuka_yamada

関塚隆の決断 川崎フロンターレとロンドン五輪代表 共通するチーム作りとパーソナリティ 2013.05.19

19日、ジュビロ磐田監督への就任が発表された関塚隆氏。ロンドン五輪終了後にサッカー批評へ掲載された、関塚監督のチーム作りとパーソナリティについて記された原稿を再掲する。

20130519_kakitani

ブレーメン移籍を断った柿谷曜一朗 Jの舞台で見せた欧州レベルの“動きの質” 2013.05.19

18日の試合で柏レイソルを3-1と下したセレッソ大阪。アウェイでの逆転劇の立役者はエースの柿谷曜一朗だ。彼のプレーは何が優れているのか? そして自身が描き出す将来像とは?

新着記事

↑top