J最強アニヲタ・井林にゴールの女神が!「アニ×サカ!!」初戦で見えた異色コラボの未来

明治安田生命J2リーグの水戸ホーリーホック、東京ヴェルディ、FC岐阜の3チームがホーム&アウェー総当り6試合を通じて開催するコラボイベント「アニ×サカ!!」が、連休の3月21日、味の素スタジアムの東京V×水戸で初戦を迎えた。このJ2第3節の観客動員は3,514人と、第1節に12,217人を集めた東京Vにとっては寂しいものだったが、サッカーの中身と運営に於いては今後の糧とするべきヒントを得る機会になったようだ。試合前、試合中、試合後の三段階に分けてレポートする。

2015年03月23日(Mon)11時30分配信

text by 後藤勝 photo Masaru Goto , Getty Images
Tags: , , , , , , , , ,

試合前、まさかのグッズ未着のハプニング!

J最強アニヲタ・井林にゴールの女神が!「アニ×サカ!!」初戦で見えた異色コラボの未来
「東京V×甘ブリ」ブースの前で、「千斗いすず」コスプレの橘杏、モッフル、ヴェルディくん、そして稲城なしのすけがお出迎え【写真:後藤勝】

 味の素スタジアムの正面玄関を入ってすぐ、メインスタンド前のコンコースで、異常事態が発生していた。

 左側では、東京ヴェルディユニフォームを着用した『甘城ブリリアントパーク』ヒロイン「千斗いすず」のオリジナル缶バッジ(600円/税込)を販売する「東京V×甘ブリ」ブースの前で、「千斗いすず」コスプレの橘杏、モッフル、ヴェルディくん、そして稲城なしのすけがカメラ小僧化したサポーターにビシバシ激写されて人だかりができているのに、右のスペースはからっぽ……そう、「水戸ホーリーホック×ガールズ&パンツァー」ブースが、影もかたちもない!

 神妙な顔をした新熊康助東京ヴェルディ・ソーシャルメディアディレクターがやってきた。話を訊くと「渋滞でグッズの到着が遅れていて……まもなく来るのですが」。連休初日の渋滞で、定刻までに味スタに辿り着けなかったのだ。なんというアウェーの洗礼。

 あとで聞いたところによれば、「コロッケ西郷亭」と『甘ブリ』のコラボ商品『ラティファのコロッケ』も納品が遅れたという。それこそ『甘ブリ』の劇中にあってもおかしくなさそうなエピソードだが――思わぬところに敵が潜んでいたものだ。

 11時から30分間のファンクラブ会員先行入場が終わり、一般入場が始まっても「水戸×ガルパン」グッズは姿をあらわさない。まずは「ま!」印ロゴの自己主張が印象的な「大洗まいわい市場出張販売 IN 味の素スタジアム」が荷解き。テーブルなしの状態で、サポーターの手を借りながら店舗設営を始める。

1 2 3 4 5 6

新着記事

↑top