後藤勝

サッカーを中心に取材執筆を継続するフリーライター。FC東京を対象とするWebマガジン「トーキョーワッショイ!プレミアム」(http://www.targma.jp/wasshoi/)を随時更新。著書に小説『エンダーズ・デッドリードライヴ 東京蹴球旅団2029』(カンゼン)がある。

1126fctokyo_fch2

石川直宏が感じるFC東京の「頼もしさ」。「チームが勝てばいい」、DF渡辺剛が22歳にして至った境地【対談後編】

明治安田生命J1リーグも残り2試合を残すところとなり、FC東京は熾烈な優勝争いを演じている。初のJ1優勝を目指すFC東京で存在感を高めている22歳のDF渡辺剛と、伝記『石川直宏 素直』(馬場康平著/カンゼン)をリリースしたばかりの石川直宏・FC東京クラブコミュニケーター(CC)の対談が実現した。今回は前編。(取材・文:後藤勝)

1126fctokyo_fch1

FC東京DF渡辺剛と石川直宏に共通する「オリジナル」の魅力。独学で掴んだ空中戦の技術とは?【対談前編】

明治安田生命J1リーグも残り2試合を残すところとなり、FC東京は熾烈な優勝争いを演じている。初のJ1優勝を目指すFC東京で存在感を高めている22歳のDF渡辺剛と、伝記『石川直宏 素直』(馬場康平著/カンゼン)をリリースしたばかりの石川直宏・FC東京クラブコミュニケーター(CC)の対談が実現した。今回は前編。(取材・文:後藤勝)

林彰洋

FC東京GK林彰洋は、なぜ32歳にして全盛期を迎えたのか?「ぼくもキライでしたからね、GKが(笑)」【インタビュー後編】

前半戦を首位で折り返したFC東京が7月14日、味の素スタジアムに昨季王者の川崎フロンターレを迎えて「第34回多摩川クラシコ」を開催する。この、優勝の行方を占う大一番を前に、FC東京の守護神である林彰洋がGKの視点で多摩川クラシコをプレビュー。そして今シーズンの戦いぶりにも直結する、攻守に活躍するスーパーGKとしての新境地に、いかにしてたどり着いたかを前後編に渡って語ってもらった。今回は後編。(文:後藤勝)

林彰洋

FC東京の最強GK林彰洋は、いかにして新境地にたどり着いたのか?「“日本流”にシフトしただけ」【インタビュー前編】

前半戦を首位で折り返したFC東京が7月14日、味の素スタジアムに昨季王者の川崎フロンターレを迎えて「第34回多摩川クラシコ」を開催する。この、優勝の行方を占う大一番を前に、FC東京の守護神である林彰洋がGKの視点で多摩川クラシコをプレビュー。そして今シーズンの戦いぶりにも直結する、攻守に活躍するスーパーGKとしての新境地に、いかにしてたどり着いたかを前後編に渡って語ってもらった。今回は前編。(文:後藤勝)

広島戦でJ1リーグデビューを果たしたFC東京の久保建英

久保建英がJ1デビュー戦で与えた衝撃。疑いの余地がない才能。課題痛感も掴んだ手応え

11月26日、明治安田生命J1リーグ第33節が行われ、FC東京の久保建英がJ1リーグデビューを果たした。“飛び級”で出場したU-20W杯でも強烈なインパクトを残した16歳のFWは、J1デビュー戦でもその才能を存分に発揮。ゴールやアシストといった結果こそ残せなかったものの、今後に向けて大いに期待を持たせるパフォーマンスを披露した。(取材・文:後藤勝)

18日のサガン鳥栖戦でJ1デビューを果たしたFC東京のMF平川怜

J1デビュー果たした2000年生まれのMF。FC東京・平川怜が実力で勝ち取った舞台

11月1日に久保建英とともにプロ契約が発表されたFC東京の平川怜。2017年はU-17ワールドカップにも出場した2000年生まれのMFが、11月18日に行われた明治安田生命J1リーグ第32節・サガン鳥栖戦でJ1デビューを果たした。将来を嘱望されるプレーメーカーがこの舞台にたどり着くまでの道程に迫った。(取材・文:後藤勝)

石川はFC東京の選手として、最後の力を振り絞るイメージを固めている

石川直宏、燃やし尽くして現役引退という決心。過酷な運命と前進の意思

8月2日、都内で記者会見を開き、2017シーズン限りでの現役引退を発表したFC東京の石川直宏。ここ数年は負傷に苦しめられ、「思ったように回復できていない」ことから現役生活を終える決断をしたという。だが、彼はピッチに戻ることを諦めたわけではない。引退発表は、限界を受け入れながらもプロ生活を全うしようという決意の表れだった。(取材・文:後藤勝)

FC東京の監督を解任された城福浩前監督

FC東京が根底に抱える問題。“身の丈以上”の期待。堅調なクラブ運営と繰り返される失敗

今シーズンから再びチームの指揮を執っていた城福浩前監督を解任し、篠田善之新監督のもと白星スタートを切ったFC東京。日本の首都に拠点を置くクラブが抱える問題はなんだろうか。その根底にあるものについて考える。(取材・文:後藤勝)

進化し続ける武藤嘉紀。体脂肪率8%の基盤を築いた原点が今へとつながる

体脂肪率8%の基盤を築いた武藤嘉紀の原点。今シーズンの躍進の秘訣を探る

海外への移籍も噂されるFC東京・武藤嘉紀は、体脂肪率も8%と、ハリルホジッチ監督の苦言も交わすほどの強靭なフィジカルの持ち主だ。そんな武藤の肉体的強さの原点はどこにあるのか。

J最強アニヲタ・井林にゴールの女神が!「アニ×サカ!!」初戦で見えた異色コラボの未来

J最強アニヲタ・井林にゴールの女神が!「アニ×サカ!!」初戦で見えた異色コラボの未来

明治安田生命J2リーグの水戸ホーリーホック、東京ヴェルディ、FC岐阜の3チームがホーム&アウェー総当り6試合を通じて開催するコラボイベント「アニ×サカ!!」が、連休の3月21日、味の素スタジアムの東京V×水戸で初戦を迎えた。このJ2第3節の観客動員は3,514人と、第1節に12,217人を集めた東京Vにとっては寂しいものだったが、サッカーの中身と運営に於いては今後の糧とするべきヒントを得る機会になったようだ。試合前、試合中、試合後の三段階に分けてレポートする。

震災、原発事故から4年。日本代表シェフ西氏とめぐる、Jヴィレッジ・福島・復興の今

震災、原発事故から4年。日本代表シェフ西氏とめぐる、Jヴィレッジ・福島・復興の今

未曾有の大災害となった2011年3月11日の東日本大震災。地震や津波の被害、そして原発事故はさまざまな形で大きな影響を及ぼした。サッカー界もそのひとつ。ナショナルトレーニングセンターであるJヴィレッジは原発事故の対応拠点となった。震災から4年が経った今、復興はどのように進んでいるのか? 日本代表シェフ西芳照氏とともにめぐる。

アニメはJリーグ人気向上の起爆剤となるか? J2クラブとの異色コラボが実現した理由

アニメはJリーグ人気向上の起爆剤となるか? J2クラブとの異色コラボが実現した理由

サッカーとアニメ。一見すると共通点がなさそうな分野でのコラボレーションが実現した。J2の3クラブがそれぞれ縁のあるアニメとのコラボを発表。果たして、停滞するJリーグの人気を爆発させるきっかけとなるのか? 異色コラボの背景に迫った。

インテル長友入ってる! 青赤100%フットボール映画に迫る『ユルネバ~キミは一人じゃない~』―東京国際フットボール映画祭上映作品―

インテル長友入ってる! 青赤100%フットボール映画に迫る『ユルネバ~キミは一人じゃない~』―東京国際フットボール映画祭上映作品―

2015年2月7日(土)、8日(日)、11日(祝・水)に秋葉原UDXシアターで開催する東京国際フットボール映画祭が開催される。日本初公開となる「ユルネバ~キミは一人じゃない~」は、FC東京愛満載で送るゴール裏発ドタバタラブコメディだ。本作の見どころを伺うべく、FC東京を追いかける後藤勝氏が植田朝日監督を直撃した。

【佐山一郎×後藤勝 “サッカー狂”特別対談】フットボール・ライティングの地平線 第3回「記事になった原稿は、すべて本になることを目指さないとダメ」

【佐山一郎×後藤勝 “サッカー狂”特別対談】フットボール・ライティングの地平線 第3回「記事になった原稿は、すべて本になることを目指さないとダメ」

老舗サッカー誌が1つ、2つと姿を変え、サッカーメディアのありようも大きく様変わりしつつある。移ろいゆく時代の中で、この国のフットボール・ライティングはどこに向かうのだろうか? 「サッカー本大賞」の選考委員長でもある作家・佐山一郎氏とライター・後藤勝氏の対談を3回にわたってお送りする。

【佐山一郎×後藤勝 “サッカー狂”特別対談】フットボール・ライティングの地平線 第2回「原稿を方程式に流し込むような機械的な作業をしている記者」

【佐山一郎×後藤勝 “サッカー狂”特別対談】フットボール・ライティングの地平線 第2回「原稿を方程式に流し込むような機械的な作業をしている記者」

老舗サッカー誌が1つ、2つと姿を変え、サッカーメディアのありようも大きく様変わりしつつある。移ろいゆく時代の中で、この国のフットボール・ライティングはどこに向かうのだろうか? 「サッカー本大賞」の選考委員長でもある作家・佐山一郎氏とライター・後藤勝氏の対談を3回にわたってお送りする。

新着記事

↑top