石川直宏が感じるFC東京の「頼もしさ」。「チームが勝てばいい」、DF渡辺剛が22歳にして至った境地【対談後編】

明治安田生命J1リーグも残り2試合を残すところとなり、FC東京は熾烈な優勝争いを演じている。初のJ1優勝を目指すFC東京で存在感を高めている22歳のDF渡辺剛と、伝記『石川直宏 素直』(馬場康平著/カンゼン)をリリースしたばかりの石川直宏・FC東京クラブコミュニケーター(CC)の対談が実現した。今回は前編。(取材・文:後藤勝)

2019年11月26日(Tue)10時10分配信

text by 後藤勝 photo Editors
Tags: , , , , ,

前編はこちら

首位・FC東京の頼もしさ

1126fctokyo_fch2
石川直宏クラブコミュニケーター(左)とDF渡辺剛(右)【写真:編集部】

石川直宏(以下、石川)「今後の自分自身の成長のため、チームの優勝のための課題は?」

渡辺剛(以下、渡辺)「まず個人で言えばビルドアップが今の課題です。その部分をウイークポイントとして狙われるとチームもリズムに乗れなくなると思うので。そこを改善しないといけない」

「守備でも失点が増えてきていて。おそらく個人のところはいいんですが、組織的な守備が自分のところでできていない。チームでは、守りを重視している分、攻撃に人数をかけられないケースが多いので、個人的には、ボランチの選手にどちらかひとり、できるだけ前にいてもらって、ボールを奪ったらディエゴ(オリヴェイラ)や永井選手のサポートをしてもらえたらと思います」

――代々トップクラスの選手たちが優勝できなかった歴史を踏まえて、ようやく若者たちがやってくれそうになってくれているこの状況についてどう思いますか。

石川「目の前のことに向き合って、日々を積み重ねられる姿がいいと思います。チームのためにという意識がいい意味で出すぎない、その頼もしさがあります。個人の課題もしっかりやることでそれがチームの結果にもつながる」

「(渡辺は)アカデミーの出身で青赤の魂をもちろん持っていて、一度離れていることで他の視点も持っているし、その経験もクラブには貴重ですね。本人にはブレずにやってほしいです。念願のリーグ優勝を成し遂げるという責任もいい意味で感じてくれていると思うし、あとはゴール。セットプレーから、ヘディングゴールを決めて味スタ(味の素スタジアム)のゴール裏に走っていくシーンが観たいな」

「考えすぎない。そこが強み」

渡辺「FC東京がまだ優勝したことがないというのは知っていますし、ほかの選手たちもFC東京の一員として優勝するのは初めて。あまり気負いすぎず、最後の一秒まで楽しみたいな、と。キャリアが何年あってもそうそう経験できることではないと思うので、まずはそれを楽しみたい」

「このままだと最終戦までもつれる可能性もあります。それまでは楽しくやって、しっかり勝つところは勝って、FC東京が優勝するところを想像しながらやれれば。あまり深く考えるタイプではないのでそういうテンションで行ったほうがうまくいくのかなと思います」

――考えすぎないで、ですよね。

石川「そう、考えすぎないこと。じゃないですか。自分のことをよくわかっているし。そこが強みですね」

渡辺「考え込むと結局一周して、自分のいいプレーを目一杯できればいい、という結論になりますから、考える時間がもったいない。なんなら、自分がよくなくてもチームが勝てばいいと思っていますから」

石川「そこに、決してスムーズにいかなかったここまでの経験が活きていると思います。ほんと絶妙。期待してるよ」

渡辺「ありがとうございます。みんなで優勝しましょう!」

(取材・文:後藤勝)

【了】


FC東京ホームページはこちら

sunao_cover0912

[block]3[/block]

(著・馬場康平)

定価:本体1600円+税
クラブからも、サポーターからも愛された石川直宏のバイオグラフィー。
FC東京のサイドを駆け抜け、得点やアシストを量産した石川直宏のサッカー人生は、常に逆境との戦いだった。
右膝前十字靭帯損傷、腰椎椎間板ヘルニアなど、度重なる大怪我に見舞われ、夢だったワールドカップ出場も叶わなかった。
それでも何度も立ち上がり続けたアタッカーの素顔に迫る。

詳細はこちらから

【了】

新着記事

↑top