J最強アニヲタ・井林にゴールの女神が!「アニ×サカ!!」初戦で見えた異色コラボの未来

2015年03月23日(Mon)11時30分配信

text by 後藤勝 photo Masaru Goto , Getty Images
Tags: , , , , , , , , ,

J最強のアニヲタ・井林にゴールの女神が。後半覚醒した理由とは?

J最強アニヲタ・井林にゴールの女神が!「アニ×サカ!!」初戦で見えた異色コラボの未来
後半13分、井林章がゴールマウスへと叩き込む【写真:Getty Images】

 様相が一変したのは、『甘ブリ』のキャラクターによる止め絵+ボイスのピクチャードラマ――後半に向け、チームとファンの決起を促す意味合いのもの――を流したハーフタイムのあとだった。まさにこれが転機になった。

 東京Vが前がかりになり、後半キックオフからの10分間、一方的に水戸を押し込んだ。水戸は11分にフォワード三島康平を投入、劣勢を覆そうとする。

 その直後だった。後半13分、東京V中後雅喜が放った右コーナーキックを、キャプテン井林章が身長179センチとは思えない高く強靭なヘディングで、緑のサポーターが待つゴールマウスへと叩き込んだ。

 熱狂。

「アニ×サカ!!」の初戦で、Jリーグ界最強のアニヲタである井林を、ゴールの女神が祝福した。

 東京Vは後半39分にもブルーノ コウチーニョがダメ押しの2点め。水戸DFに当たってのほぼオウンゴール。しかしまず「撃つ」「攻撃をやりきる」というフィニッシャーの意思がなければ決して生まれない得点だった。

 なぜ東京Vの攻撃意欲が増したのか。

 サイドハーフの澤井直人は言う。

「ハーフタイムに“前を向けていない”と監督に言われたんです。あのひとことで、後半、ああいう試合ができた」

1 2 3 4 5 6

新着記事

↑top