エールディビジ

板倉滉

板倉滉が目指す世界基準の“二刀流”。CBで主力定着の理由、欧州で磨かれた強靭な心技体

東京五輪世代の期待の星が、オランダで輝いている。フローニンゲンに所属する板倉滉は、今季開幕戦からセンターバックとしてリーグ戦全試合に先発起用されている。加入直後からの半年間、全く試合に絡めなかったところから、これほどの激変が起きたのはなぜか。そして変わりつつある選手としての理想の姿とは。現地に飛んで板倉の今を追った。(取材・文:舩木渉【オランダ】)

中村敬斗

中村敬斗が口にした本田&堂安超え「僕はもっといきたい」。オランダで追い求める飛躍への道

ガンバ大阪から2年間の期限つき移籍でオランダ1部のトゥエンテに加入したFW中村敬斗は、大きな夢を追いかけて欧州に乗り込んできた。シーズン開幕から主力に定着した19歳は、今何を思うのか。チームの苦境を救うために、そしてさらなる飛躍のために必要なものとは。(取材・文:舩木渉【オランダ】)

堂安律

堂安律が語る「ファーストチョイスの違い」とは? PSV初先発で得た気づきが“適応の1歩”に

エールディビジ第4節、PSV対フローニンゲンが現地時間25日に行われた。今夏の移籍市場でフローニンゲンからPSVへと移籍した堂安律は、この古巣戦で初先発となった。90分間のプレーで得た適応への一歩となる「気づき」とは?(取材・文:本田千尋【アイントホーフェン】)

PSV

PSV、補強は主力の抜けた穴埋めが中心。堂安律獲得も重要性は低く…真価は欧州の舞台で問われる【欧州主要クラブ補強診断(12)】

2019/20シーズンは、夏の移籍市場が終了した。この夏も各チームで様々な移籍があったが、それぞれ主要クラブの動きはどうだったのだろうか。今回はPSVの補強を読み解く。(文:編集部)

新着記事

FChan TV

↑top