堂安律

0609japan_minamino0

南野拓実はいま、日本代表でどのような序列なのか? 苦境が続く中で求められるプレーの変化

日本代表は9日、キリンチャレンジカップ2019でエルサルバドル代表と対戦する。5日のトリニダード・トバゴ戦からは大幅にメンバーが変わる見込みで、その中で注目なのが南野拓実。3-4-2-1システム採用に伴ってスタメン落ちを味わった背番号9は、この試合で真価を発揮できるのだろうか。(取材・文:元川悦子)

0606japan_doan

日本代表の3バックがテストにならなかった理由。機能しても…疑問が残るその効果【西部の目】

日本代表は5日、キリンチャレンジカップ2019でトリニダード・トバゴ代表と対戦し、0-0で引き分けた。森保一監督就任後、初めて3バックで戦った日本代表だったが、この試合から得られたものは何だろうか。(取材・文:西部謙司)

日本代表

日本代表スタメン争いが熾烈。伊東純也vs堂安律。2人はどう違い、どんな武器を持つのか?

キリンチャレンジカップ、日本代表対トリニダード・トバゴ代表が5日に行われる。コパ・アメリカを見据えて若手選手も招集された今回の2連戦だが、初戦となるこの試合は従来通りのメンバーで挑むことが予想される。その中で注目したいのが堂安律と伊東純也の右サイド争いだ。(取材・文:河治良幸)

190327_1_getty-560x373

日本代表、4-4-2は適正か(後編)。各ポジションを徹底診断。ボランチへの負担、最大の懸案は?【西部の目】

キリンチャレンジカップ、コパ・アメリカ2019(南米選手権)に臨む日本代表メンバーが23日と24日に発表される。昨年7月に森保一監督が就任し、AFCアジアカップ2019では決勝で敗退したが新戦力も台頭。少しずつチームの骨格が見えてくる中、指揮官は一貫して4-4-2(4-2-3-1)を採用している。その理由とは? 前後編でお届けする。今回は後編。(取材・文:西部謙司)

新着記事

FChan TV

↑top