堂安律

森保一

日本代表、ツッコミどころ満載の攻撃の形。ミャンマー戦で浮き彫りになった組織の乏しさ【西部の目】

日本代表は10日、2022年カタールワールドカップ・アジア2次予選の第1節でミャンマー代表と対戦し、2-0で勝利を収めた。日本代表は30本のシュートを放ったものの、前半26分に2点目を決めてからはゴールネットを揺らせず。得点を重ねることができなかった日本代表にとっては、組織のなさが浮き彫りになった試合だった。(文:西部謙司)

0903doan_japan_getty

日本代表、堂安律が求める攻撃の「新たなバリエーション」。引いた相手を崩すための課題と教訓

日本代表は5日にパラグアイとのキリンチャレンジカップの後、10日にカタールワールドカップアジア2次予選・ミャンマー戦を戦う。オランダのフローニンヘンからPSVへと移籍を果たした堂安律は、強い思いを持って今回の代表合宿に臨んでいる。(取材・文:元川悦子【鹿嶋】)

0902doanpsv_getty

PSV・堂安律にちらつくロッベンの面影。「2桁」得点を掲げた理由と越えた先にあるものとは?

フローニンヘンからPSVへ移籍した堂安律の加入会見が、現地31日に行われた。東京五輪世代でありながら、すでに日本代表にも定着しているレフティーは、会見で「2桁」得点を目標に掲げた。かつてフローニンヘンからPSVを経て欧州のビッグクラブへと羽ばたいたアリエン・ロッベンと同じ道をたどることができるのだろうか。(取材・文:本田千尋【アイントホーフェン】)

新着記事

FChan TV

↑top