李忠成

横浜F・マリノス

横浜FM、競争を喚起する補強に成功。不確定要素あれど…現体制2年目のブレイクに期待大【2019年Jリーグ補強診断】

2019年のJ1リーグが間もなく開幕する。新シーズンに向け各クラブはどのような補強を行ったのだろうか。今回は、アンジェ・ポステコグルー監督体制2年目の横浜F・マリノスを取り上げる。(取材・文:舩木渉)

190129_icatch_getty

Jリーグ、主要移籍まとめ(4)。新天地を求めた選手を随時紹介、今回はこの5人 【編集部フォーカス】

2019シーズン開幕に向け、Jリーグの各クラブは新戦力の補強に余念がない。象徴と呼ばれた選手が新天地を求めるなど、移籍市場は活況を呈している。フットボールチャンネルでは、移籍を決意した選手たちをピックアップした。今回はこの5人(随時、追加紹介していく)。

20170427_eyecatch_getty

浦和、ACL屈指の破壊力。5試合18ゴールの大爆発。前線の3枚が与える脅威

浦和レッズが2年連続でACL決勝トーナメント進出を決めた。ウェスタン・シドニー・ワンダラーズFC(オーストラリア)を埼玉スタジアムに迎えた26日のグループリーグ第5節で、攻撃陣が大量6ゴールと大爆発。1試合を残して、上海上港(中国)とともに2位以内を確定させた。J1でも首位を快走する原動力は、今シーズンの公式戦14試合で44ゴールを叩き出している圧倒的な攻撃力。そのうち32ゴールを占めている前線のトライアングルは、アジアでも屈指の破壊力を身につけつつある。(取材・文・藤江直人)

鹿島戦で2ゴールを奪った李忠成

浦和・李忠成が示した真骨頂。興梠不在時の2ゴール。生粋のストライカーとしての矜持

攻守のキーマン、DF遠藤航とFW興梠慎三をリオデジャネイロ五輪に臨む日本五輪代表へ送り出した浦和レッズに「救世主」が舞い降りた。負ければ今シーズンの年間王者獲得へ暗雲が垂れ込めていた、23日の鹿島アントラーズとのセカンドステージ第5節。後半から興梠が務めるワントップに入り、同点&逆転の2ゴールを奪った元日本代表FW李忠成の熱き咆哮が、ファーストステージで3位に甘んじた「赤い悪魔」を再び加速させる。(取材・文:藤江直人)

平川

浦和、再び栄光の時代は訪れるか。“あの頃”を知る唯一のベテランが実感した成長と攻撃陣が語る守備の充実

浦和レッズは、2006年のJリーグ優勝、2007年のACL優勝を最後に主要タイトルから8年間遠ざかっている。その2年間を知る唯一の選手である平川忠亮は、当時と今のチームとの共通点はないと語っているが、着実に成長していることを実感しているようだ。そして、その成長のひとつとして攻撃陣が守備への充実を口にしている。浦和に“栄光の時代”が再び訪れることはあるのだろうか。
(取材・文:今関飛駒)

ミハイロ・ヘトロヴィッチ監督

【英国人の視点】ついに浦和が手にした勝者のメンタリティ。アジア王者・広州撃破につながった“勝てるサッカー”

4月5日、ACLグループステージで浦和レッズは広州恒大を下した。欧州の有力選手を高額な移籍金で獲得した昨年のアジア王者に対し、浦和は不利と見られていた。勝利に導いた要因の一つがメンタリティの変化だ。選手らは「勝てるサッカー」を強調する。(取材・文:ショーン・キャロル)

新着記事

↑top