異能との戦いを日常のものとする移民の存在。ドイツのW杯優勝の要因にブンデスリーガの下部組織改革あり

ヨーロッパ勢初となる南米大陸でのW杯優勝を果たしたドイツ。この快挙の裏には、様々な要因が考えられるが、その中でも移民を含めたブンデスリーガの下部組織改革の影響が大きい。

2014年07月18日(Fri)11時24分配信

text by 本田千尋 photo Getty Images
Tags: , , , , , , , ,

1800年代から築きあげた長い歴史があるドイツ

異能との戦いを日常のものとする移民の存在。ドイツのW杯優勝の要因にブンデスリーガの下部組織改革あり
ドイツ代表はなぜ今回のブラジルW杯で優勝することができたのだろうか【写真:Getty Images】

 ドイツ代表が凱旋した。2014年7月15日、指揮官レーブと仲間たちはベルリン市内でのパレードを終えて、ブランデンブルク門の前で黄金のW杯を掲げる。人々は熱狂に渦巻いた。

 ドイツ代表はなぜ今回のブラジルW杯で優勝することができたのだろうか。コーチ時代を含めた長期間に渡る監督レーブの指揮、自前で建設したキャンプ地の充実、ケルン体育大学にある卓越した分析チームの存在、ひいては国内リーグ、ブンデスリーガの発展など、様々な理由を考えることはできる。

 ここでは、キャンプ地の建設や分析チームの存在といった単にブラジルW杯に向けての準備ではなく、ブンデスリーガの充実といった一歩引いたところから、W杯優勝に至った要因を簡単ではあるが、主に「歴史」「移民」「改革」の3つの観点から考えてみたい。

 まず「歴史」である。大前提としてドイツには長いサッカーの歴史があり、肥沃な土壌がある。DFB、ドイツサッカー協会が発行する守備の戦術書をめくれば、1800年代後半からのフォーメーションの移り変わりが記載されている。

 昨季のブンデスリーガ2部、フォルトナ・デュッセルドルフ対1.FCケルンという伝統のライン・ダービーが行なわれた日には、駅前でユニフォームを着た人たちを見た初老の女性が、「ああ、今日はフォルトナ対ケルンね」とつぶやいた。

 他に例を挙げれば枚挙に暇がないが、広く深いサッカーの母体がドイツにはある。ここで重要なことは、その「歴史」が、「移民」にとってサッカーを始めるきっかけになる、ということだ。

1 2 3 4

Comments

comments

新着記事

人気記事ランキング

        ↑top