パレスチナ人記者が語る日本戦展望「我々は負ける。警戒すべきは香川・本田より岡崎」

2015年01月12日(Mon)9時36分配信

photo Getty Images
Tags: , , , , , , , ,

20150112_okazaki_getty
「今日の試合で警戒すべきだと思うのは岡崎慎司」パレスチナ人記者は語る【写真:Getty Images】

 現地12日18時、日本代表はパレスチナ代表とアジアカップ初戦を戦う。現地取材班は、同じく現地入りしたパレスチナ人記者に接触。彼らに今日の試合の展望を聞いた。応えてくれたのはフットボール・パレスチナ(http://footballpalestine.blogspot.jp/)というWEBサイトを運営するバッシル・ミックダディ(Bassil Mikdadi)記者だ。

「日本代表はパレスチナでよく知られているチームです。我々は日本の華麗なプレースタイルに憧れている部分があるからです。私たちの国では香川真司や本田圭佑が所属するボルシア・ドルトムントやACミランの試合はよく見られており、同じアジア人として彼らに高い関心を持っています。

 ただ、私が今日の試合で警戒すべきだと思うのは岡崎慎司です。日本は素晴らしいパスワークでいいプレーをいつもしていますが決定力がない印象です。ですが、岡崎だけは別です。彼はブンデスリーガで得点を量産しており、その点で他の日本の選手とは違います。

 パレスチナ代表は過度のプレッシャーを感じてはいけません。ただの1試合だと思う必要があります。日本代表と対戦することを意識しては萎縮してしまうでしょう。リスペクトしすぎないことです。

 恐らく日本がボールを持つ時間がほとんどでしょうから、うまく守備をしなくてはなりません。しっかり守って、カウンターが大事です。また、少ないセットプレーを活かさないと勝機はありません。

 客観的に見て、今日の試合で私たちは負けると思います。しかし、何か収穫を得るはずです。もしゴールを決めることができれば素晴らしいことですし、残りの試合に自信を持って臨むことができます」

【了】

フットボールチャンネルfacebookはこちら→
フットボールチャンネルTwitterはこちら→

関連リンク

岡崎慎司―ブラジルで痛感した1トップへの思い―
サッカー監督の生きる道

Comments

comments

カンゼンからのお知らせ

新着記事

人気記事ランキング

        ↑top