本田、快勝も試合内容を反省「質は改善していかないといけない」

2015年01月12日(Mon)18時29分配信

photo Getty Images
Tags: , , , , , , , ,

20150112_honda_getty
FW本田圭佑【写真:Getty Images】

 日本代表は12日、アジア杯グループステージ初戦でパレスチナ代表と対戦して4-0で勝利を収めた。

 FW本田圭佑は試合後、この結果について「立ち上がりにいい形で先制点を取れたことが、4-0という結果に繋がった」と評価した。

 だが、快勝にも満足はしていない。「チームとしてやろうとしていることが明確になっているのは非常にいいこと」と話すも「質は改善していかないといけない」と反省点を口にした。

 負傷のためメンバー外となった内田篤人に代わり、右SBは酒井高徳が務めた。右サイドでのコンビネーションについては「日に日に良くなっている。もっと高徳の良さを引き出してあげられれば」と、今後も連携を熟成させていくつもりだ。

 連覇を目指す日本に対して、どのチームも必死になって向かってくる。本田も「厳しい試合が待っていると思うので、慎重に入りたい」と警戒を強めた。

【了】

フットボールチャンネルfacebookはこちら→
フットボールチャンネルTwitterはこちら→

関連リンク

サッカー監督の生きる道
教訓 ザッケローニからアギーレへ
サッカーを『知らない』日本人

Comments

comments

カンゼンからのお知らせ

新着記事

人気記事ランキング

        ↑top