【英国人の視点】日本代表に現れた“ゲームチェンジャー”。原口元気は新たな武器となるか

アフガニスタンとのW杯アジア2次予選。左ウイングで先発したのは原口元気だった。その試合でのパフォーマンスは、ドリブルで決定機を生み出すなどマン・オブ・ザ・マッチにも値するもの。試合のリズムを変える選手を欠いていた日本にとって、新たな武器となる可能性を示した。

2015年09月19日(Sat)16時25分配信

text by ショーン・キャロル photo Getty Images
Tags: , , , , , ,

香川の復活を宣言するには時期尚早

20150903_kagawa_getty
香川真司【写真:Getty Images】

 日本代表はW杯アジア2次予選のカンボジア戦とアフガニスタン戦に勝利したが、それだけで現在の力を読むのは非常に難しい。

 もちろんシンガポール相手の0-0でショックを受けた後、サムライブルーはゴールがどこにあるかを思い出し、簡単に6ポイントを拾ったが、対戦したのはアジアの中でも最も弱い2ヶ国で(FIFAランキングによる価値を参照すれば、彼らは180位と130位だった)、勝って当然と言える。

 どんな予選にも大勝はつきものだが(最近はないが、以前タジキスタンやヨルダンには8-0や6-0というスコアで勝利した)、日本は定期的に経験する一度きりのファイナルで勢いを失って失速し、大きな期待を背負って立ち向かってくる優れた相手に対処できない。

 香川真司が日本代表の試合で最後に2ゴールを挙げたのは、アフガニスタンへの旅行よりも前、2011年に大阪でタジキスタンと対戦した時だった。

 岡崎慎司は同じことをテヘランで成し遂げ、4年前には長居スタジアムでもやってのけた。一方で当時から多くのことが変わった。それ以上に変わらない部分も多いが…。

 香川の覇権が復活したと宣言するには時期尚早だということは留意せねばならない。彼はここ数年間包まれていた霧を振り払い始めており、ボルシア・ドルトムントのキープレイヤーとしての地位を再び確立しつつある。今の彼は幸せで自信に満ちており、楽しそうに見える。

1 2 3

Comments

comments

新着記事

人気記事ランキング

        ↑top