山形、劇的昇格で挑んだJ1も、地力およばず1年でJ2へ逆戻り。この経験を将来に活かせるか【2015年通信簿】

2ステージ制が復活した2015年のJ1も全ての試合を終えた。この1年を振り返り、各Jクラブはどのようなシーズンだったのだろうか。今回は年間最下位に終わったモンテディオ山形を振り返る。

2015年12月31日(Thu)10時04分配信

シリーズ:2015年Jリーグ通信簿
text by 編集部 photo Getty Images
Tags: , , , , , , ,

1年でのJ2降格はなんとしても避けたかったが

山形、劇的昇格で挑んだJ1も、地力およばず1年でJ2へ逆戻り。この経験を将来に活かせるか【2015年通信簿】
モンテディオ山形のGK山岸範宏【写真:Getty Images】

 昨季のJ1昇格プレーオフ準決勝、ジュビロ磐田戦でGK山岸範宏が劇的なヘディング弾を決め、天皇杯では決勝に進出するなど、大きな注目を集めてJ1へ上がってきたモンテディオ山形。

 厳しい1年になることは予想されたが、石崎信弘監督の下、ハードワークをベースとしたチームとして確立されたスタイルでJ1に挑んだ。

 目標はJ1残留であり1年でのJ2降格は避けたかったが、最終的に年間最下位に終わり、J2降格が決まってしまった。

1 2 3 4

Comments

comments

カンゼンからのお知らせ

新着記事

人気記事ランキング

        ↑top