「大きく変わる」香川が語る1点の意味。ELベスト16進出かけポルトに乗り込むドルトムント

ヨーロッパリーグ(EL)ラウンド32、2ndレグ。ドルトムントはアウェイでポルトと対戦。ホームでの1stレグは2-0で勝利を手にしたが、勝ち抜けを確実なものとするためには先制点の重要度は高い。先発の可能性も高まる香川真司も1点の重みを口にした。

2016年02月25日(Thu)11時26分配信

text by 本田千尋 photo Getty Images
Tags: , , , , ,

トゥヘルが与えたオフ。適度なメリハリも特徴

香川真司
香川真司も「アウェイなので、また厳しい試合」と言う【写真:Getty Images】

 心理的な余裕の表れとも言えるのかもしれない。ブンデスリーガ第22節レバークーゼン戦の2日後、2016年2月23日はオフとなった。25日に行われるヨーロッパリーグのラウンド32、ボルシア・ドルトムント対FCポルト戦の2ndレグが行われる2日前のことだ。

 ドルトムントは18日のポルトとの1stレグは2-0で、続いて中2日で行われたレバークーゼン戦では1-0で勝利する。ブンデスリーガでは、3位のヘルタ・ベルリンとの勝ち点差は15となった。BVBは今季終了時の2位の座を、ほぼ確実なものにする。

 18日のポルト戦ではシャヒンが戦列に復帰したが、21日のレバークーゼン戦ではソクラティスが負傷退場する。内転筋付近の筋繊維を断裂し、3週間の離脱となった。

 23日のオフはつまり、チームの戦績と、後半戦に入って疲労が蓄積されている状況、また今後も続く過密日程を考えれば、ここで無理をする必要はないということだろう。

 もちろん香川真司も「アウェイなので、また厳しい試合」と言うように、まだ何が起こるか分からないが、ドルトムントはELのベスト16進出に王手を掛けている。

 もっとも今回の措置が特別という訳ではなく、これまでもトゥヘルは適時、その都度オフを取り入れてきた。リーグ戦、カップ戦の戦績が順調である背景には、こうしたチーム管理におけるトゥヘルのメリハリが効いているところもある。

 BVBの選手たちは、23日にリフレッシュして、翌24日、ポルトガルに飛んだ。

1 2

Comments

comments

新着記事

人気記事ランキング

        ↑top