ベールに包まれた二川孝広の魅力と素顔

2013年10月27日(Sun)17時05分配信

text by 海江田哲朗 photo Kenzaburo Matsuoka
Tags: ,

「キャプテンっていっても、ほんまコイントスだけ」

――キャプテンをやれば周囲に指示を出したり、必然的に積極性が増すだろうという理由だったそうですが。

「直接の理由は知らされてないですが、そうだったんすかね。でも、ほとんどキャプテンらしいことをしてない。副キャプテンに大黒(将志)とディフェンスの中垣(典明)がいて、中垣が一番キャプテンぽかった。そのふたりがチームをまとめてくれたんで」

――中学時代、高槻FCでは腕章を巻いていないんですか?

「どうやろ、やったかな。やったような気もするなぁ」

――そのぼやっとした感じだと、たいした仕事はしてないですね。

「ほんまコイントスだけ(笑)」

――西村監督から主将に指名されて、困りました?

「イヤっちゃイヤでしたけど、断れる雰囲気ではなかった。『やるかぁ?』って聞かれた感じだったら断ってます」

――キャプテンに就任したことでリーダーシップを発揮することもなく、それほど変化はなかったと。

「はい、変わってないと思います」

――当時から精神的に落ち着いた選手だったと聞いていますが、二川さんはチームメイトに腹を立てたりしないんですか? たとえば、絶好のスルーパスに味方の反応が遅れたり、意図が食い違ったときに。

「ないですね。その選手のイメージはそうだったんだと思うだけで。自分の考えを押しつけるようなことはしない。イメージが合えば点になるし、合わなければ点にならない」

――俺のパスに合わせろ、ではない。

「違います。合わなかったとき『いまのいけた? 無理?』とは聞きますけど」


続きは『フットボールサミット第15回 『攻め勝つ』ガンバ大阪の流儀』にて、お楽しみ下さい。

[block]2[/block]
定価1,365 円

フットボールサミット第15回 『攻め勝つ』ガンバ大阪の流儀
■[INTERVIEW] 遠藤保仁 ガンバ・スタイルの神髄 西部謙司
■ベールに包まれた二川孝広の魅力と素顔 海江田哲朗
■帰ってきた“ガンバの申し子” 宇佐美貴史の目指す先 清水英斗
■藤春廣輝、藤ヶ谷陽介、丹羽大輝…DF陣たちが語る守備改革の現在地 下薗昌記など

1 2 3 4 5

新着記事

↑top