“柿谷ギャル”に聞く「柿谷が移籍してもセレッソを応援しますか?」

今やJリーグは空前のセレッソブームだ。重要なのはブームを一過性のもので終わらせないこと。たとえば今、柿谷を追う人々。たとえば柿谷が移籍したとして、そこでセレッソを応援するのは止めてしまうのだろうか。ファンに聞いた。

2014年01月30日(Thu)10時42分配信

text by 小澤亮太 photo Asuka Kudo / Football Channel
Tags: , , , , , ,

女性がファンになるきっかけ

 ピンクのユニフォームを身にまとった背番号8にボールが渡る。美しいトラップからシュートを放つ。ネットが揺れる。ゴール裏からは黄色い歓声が上がる。

“柿谷ギャル”に聞く「柿谷が移籍してもセレッソを応援しますか?」
ピンクのユニフォームを身にまとって応援をするセレッソ大阪サポーター【写真:工藤明日香 / フットボールチャンネル】

 柿谷曜一朗。そのプレーでコアなサッカーファンだけでなく、多くの女性をも魅了する。しかし、柿谷には海外クラブからの注目度も高い。2014年シーズンはセレッソ大阪でプレーすることが決まったものの、いつ海外に旅立ってもおかしくない。そしてまた、すぐに活躍する才能があることに疑いはない。

 果たして「柿谷ギャル」「セレ女」はそうなったときどうなるのか。クラブは選手個人への人気をチームの人気へと昇華させることはできるのか。それを探るべく3人の女性に話を聞いた。

 柿谷ギャルのAさん、柿谷ギャルではない大分トリニータのファンで為田大貴を応援するBさん、札幌サポでお気に入りの選手は特にいないというCさんだ。

 まずはそれぞれ3人のサッカーを好きになったきっかけを聞いてみた。柿谷ギャルのAさんではあるが、きっかけは乾貴士、楠神順平を擁した野洲高校のセクシーフットボールだったそうだ。

 Bさんは南アフリカW杯で、そしてCさんは親にたまたま連れられた試合でサッカーを好きになったそうだ。ここから分かるのは好きになるのは一瞬、ファーストインプレッション、すなわち「一目惚れ」の要素が大きいということだ。

1 2 3

新着記事

↑top