内田が先制! キプロス戦HT速報。『復習』はクリア。最も出来が良かったのは岡崎、不満が残るのは本田

2014年05月27日(Tue)20時40分配信

photo Getty Images
Tags: , , , , , ,

本田のプレーには不満が残る

20140527_uchida
内田のゴールで日本が先制【写真:Getty Images】

 W杯前、国内最終戦となったキプロス戦。負傷明け間もない吉田麻也、長谷部誠がベンチスタートとなり、センターバックに今野泰幸と森重真人、ボランチに遠藤保仁と山口蛍が先発した一方で、内田篤人は先発となった日本代表。

 チケットは完売となり、超満員となった埼玉スタジアムでの一戦。やはり戦前の予想通り、立ち上がりから選手の動きは重さを感じさせる印象だ。

 しかし、そんな中でも長友佑都の動きにはキレがある。左サイドで積極的にオーバーラップし、鋭いクロスを上げるなど随所に光るプレーを見せていた。

 また、本田圭佑と香川真司は積極的にボールに絡む姿勢を見せた。長友を含めた3人でのパス交換による崩しで左サイドが攻撃の起点となっている点は「復習」をテーマに掲げたザッケローニ監督も納得しているだろう。

 後半終了間際、本田のクロスから内田が先制点を決めたシーンは二次、三次的な攻撃を見せたことによるものだ。疲労はピークに達している中で、この姿勢を見せたことは高く評価されるだろう。

 現地で取材する代表番記者の神谷正明氏によると、
「コンディションの悪さはあるものの、ザッケローニ監督が掲げた『復習』というテーマはある程度クリアしている。ザックジャパンがこれまでやってきた左サイドを起点とし、右サイドの岡崎がダイアゴナルに走り込むプレーは見られた。パスの精度や反応はまだまだ鈍いものの、全体の形としては出来ていた印象だった」

 さらに、今野と森重によるセンターバックに関しては
「序盤は裏を取られるケースが見られたが、時間の経過とともに安定してきた。森重は、自身の持ち味でもある精度の高い縦パスを入れることで攻撃の起点として機能していた」

 そして、最も出来の良かった選手には岡崎を挙げている。
「ボールを失った時のディフェンスもサボらず、攻撃面でもハードワークしていた。玉際の強さを見せることで世界と戦える存在であることを示した」

 一方で、最も不満の残る出来だった選手には本田を挙げている。
「ボールにはよく絡んでいるものの、イメージと違うパスへの反応が鈍く、ボールを収められていない。香川が精度の悪いパスを上手く捌いている点を見ても、本田のプレーは十分ではなかった」

【了】

新着記事

FChan TV

↑top