W杯初戦を見つめるザック「自分の中では確信したものもある」

ザンビア代表とW杯前最後の試合を行った日本代表。4-3と点の取り合いを制した。試合直後にザッケローニ監督が語った。

2014年06月07日(Sat)10時49分配信


Tags: , , , , , , ,

「自分の中では確信したものもある」

 試合後に取材に応じたアルベルト・ザッケローニ監督は「内容には満足していない。もっと出来たと思う」と厳しい表情。

 勝利したものの、苦しい展開となった要因には「入り方が良くなかった。ゲームの流れも上手く読めなかったので、本番ではこうならないように修正したい」と語った。

 さらに、「選手の力、チームの力はよく分かっていて、もっと出来ると思っている。あと1週間、本番へ向けてしっかり準備をしたい」と述べ、「自分の中では確信したものもある。チームを信頼しており、選手がどういったプレーすれば勝利に近づけるかは分かっている」と約1週間後に迫ったコートジボワール戦を見つめていた。

【了】

関連リンク

遠藤保仁、W杯を語る。日本サッカーが手にした知性
強いやつに勝ちたい。世界中に認められたい
日本代表・山口蛍の『判断力』の磨き方
柿谷曜一朗のサッカースーパーテクニックバイブル【DVD付】
大久保嘉人のサッカー攻撃テクニックバイブル

新着記事

FChan TV

↑top