自国開催W杯での優勝は64年前のリベンジ。ブラジル国民が決して忘れない“マラカナンの悲劇”とは

1950年、現在のように決勝トーナメントではなく決勝リーグを戦っていた時代。ブラジル代表は、自国開催の大会でウルグアイに逆転で敗れ優勝を逃している。ブラジル全国民が悲嘆に暮れた「マラカナンの悲劇」を64年後の今大会で払拭する事が出来るのだろうか。著書『マラカナンの悲劇:世界サッカー史上最大の敗北』(新潮社)でこの悲劇をまとめた沢田氏が解説する。

2014年06月11日(Wed)7時30分配信

text by 沢田啓明 photo Getty Images
Tags: , , , , ,

20万人という前代未聞の大観衆を飲んだ1950年のW杯決勝

自国開催W杯での優勝は64年前のリベンジ。ブラジル国民が決して忘れない“マラカナンの悲劇”とは
リオのマラカナン・スタジアム【写真:Getty Images】

 W杯ブラジル大会と言えば誰もが思い浮かべるのが、1950年の最初の自国開催の大会で起きた「マラカナンの悲劇」だ。

 初優勝を狙う地元ブラジルが決勝リーグでスウェーデンを7-1、スペインを6-1と圧倒し、隣国の宿敵ウルグアイとの最終戦に臨んだ。

 ウルグアイは、ブラジルが全く問題にしなかったスペイン、スウェーデンに大いに苦しめられた末の1勝1分。ブラジルは引き分けでも優勝に手が届くが、ウルグアイが20年ぶり2度目の頂点に立つためには勝つしかなかった。

 欧州の強豪を連破したことで、ブラジルのメディアと国民は優勝を確信していた。引き分けでもいい、あるいは1点差でもいいから勝てばよい、などと考える者はおらず、誰もがウルグアイにも大勝することを願っていた。

 試合は、20万人という世界フットボール史上前代未聞の大観衆を飲んだリオのマラカナン・スタジアムで行われた。

 前半、ブラジル選手は動きが悪く、ウルグアイに押され気味。それでも、後半開始早々、右ウイングのフリアッサが右サイドを突破し、ファーサイドに低いシュートを決めて先制する。スタンドはすさまじい騒ぎとなった。

 ここで、ブラジルへ傾きかけた流れに敢然と抗った男がいた。ウルグアイ代表の闘将オブドゥリオ・バレーラである。

1 2 3

新着記事

FChan TV

↑top