内田、負傷から回復で周囲に感謝「サポートしてくれる人がいることに気づけた」

2014年06月13日(Fri)18時03分配信

photo Getty Images
Tags: , , , , , , ,

20140613_uchida_getty
内田篤人【写真:Getty Images】

 日本代表DF内田篤人は現地時間12日、ベースキャンプ地イトゥでの練習後に取材に対応した。

 今年2月に右太ももを負傷し、シーズン後半戦に長期離脱を強いられた内田だが「多くの人にサポートしてもらって順調に回復出来た」と語った。

 さらに、サポートした人々の思いを背負っているかという問いに対しては「重圧にはならない。今までは自分やチームのためだったけど、『人のために』という方が頑張れる。ケガしなければ気がつかなかった事。ケガした事が良い事ではないけど、サポートしてくれる人がいる事に気付けた事は良い事だった」と心境の変化を語った。

 2日後に迫ったコートジボワール戦に向けて質問されると、「FIFAランクは俺たちが一番低い?」と“逆取材”。

 そして、コートジボワールが23位、ギリシャが12位、コロンビアが8位で日本が46位であることを伝えられると「そういうことです。急にすごいプレーが出来るわけではないし、普通に出来れば良い」と、自然体で臨む姿勢を見せた。

 4年前の南アフリカ大会では出場することなく大会を終えたが「しっかりやってきた事を出して納得出来れば良い。4年経って思うと、納得せずに帰ってきたことに後悔している」と、この4年間を語り「これまでやってきたことをブラジルで残せれば。毎日練習後、自分は100%出せたのか問いかけている」と、本大会に向けた思いを語った。

【了】

新着記事

FChan TV

↑top