日本代表戦で恒例となった“渋谷ハイタッチ”。痴漢も発生する迷惑行為は今すぐ自制せよ

日本代表戦の日に決まって起こる“渋谷ハイタッチ”。スクランブル交差点で誰かれ構わずハイタッチをする迷惑な行為だ。痴漢も発生してしまったこの迷惑行為の是非を問う。

2014年06月18日(Wed)10時10分配信

text by 植田路生 photo Getty Images
Tags: , , , , , ,

大混乱の渋谷では痴漢行為も

 6月15日、東京は梅雨時とは思えない憎たらしいほどの快晴だった。

日本代表戦で恒例となった“渋谷ハイタッチ”。痴漢も発生する迷惑行為は今すぐ自制せよ
W杯ブラジル大会の初戦、コートジボワール戦で日本代表は逆転負けした【写真:Getty Images】

 天気とは反対に私の気持ちは晴れなかった。多くのサッカーファンも同じであろう。一大決戦となったW杯ブラジル大会の初戦、コートジボワール戦で日本代表は逆転負け。一時的か長時間かは人それぞれだが、悔しさ、怒り、虚しさ、様々な負の感情が湧き上がったはずだ。
 
 ところがその日のお昼ごろ、東京・渋谷ではおかしなテンションの人々が集結していた。ご存知の方も多いだろう。ここ最近、日本代表戦の日に行われてしまう“渋谷ハイタッチ”だ。スクランブル交差点には多くの人がなだれ込み、誰かれ構わずハイタッチを繰り返すハイテンションな人々がいた。

 その中には日本代表のユニフォームを着ている人も多く、サッカーファンの一部であることに間違いはない。そして当事者ではない人々は思うだろう。「負けたのになぜ?」と。彼らは勝敗に関係なく単に騒ぎたいだけなのだ。そのことは過去の記事でも触れた。

 私はこのような迷惑行為は止めるべきだと強く思う。勝敗は関係ない。コートジボワール戦の日は、単に迷惑なだけでなく、実際に犯罪も起こっている。

 人混みでもみくちゃになるのをいいことに、痴漢行為を犯した者がいたのだ。犯人は40代男性で女性の体を触り、現行犯逮捕されている。この一件以外にも同様の被害はある可能性が高い。SNS上では「胸を触られた」などの書き込みが複数見られた。

 海外では日本のサポーターが試合後にスタジアムのゴミ拾いをして賞賛される一方で、国内で起こった愚行。あまりにも残念な無法者たちによる迷惑行為だ。

1 2

Recommended by

Comments

comments

新着記事

人気記事ランキング

        ↑top