スペインメディアが見た日本。「今大会で最悪の試合」と酷評。山口は絶賛「非常に優秀。まだ欧州にいないのが不思議」

2014年06月21日(Sat)11時58分配信

text by 山本美智子 photo Getty Images
Tags: , , , , , , , , , , ,

山口蛍を絶賛

20140621_hotaru
「どうしてまだ欧州にいないのか」と絶賛された山口蛍【写真:Getty Images】

 アス紙は「日本対ギリシャ戦は、今回W杯の中でおそらく最悪の試合だった。両者とも負けるなどという贅沢は許されない状況で、最終的に無駄にスコアレスドローに終わった」と容赦なく断じた。

「全く性質が正反対の代表同士が戦った。ザッケローニはボール扱いの巧さに賭けたが、ゴールを見つけるのに苦労している。一方、サントスのチームはボールなしでも快適にプレーし、カウンターを探す策をとっている」と分析した。

 とはいえ、この同じアス紙が試合当日の予想分析欄にある注目選手として山口をあげ、「いずれ、ヨーロッパにくることになるだろう。どうしてまだ、欧州にいないのかがわからない非常に優秀な選手。日本の逸材」とべた褒めしていたことも付け加えておこう。

 ほめる時は積極的にほめ、批判する時は情け容赦なく断じるのが、よくも悪くも、スペインメディアの性格なのだ。

 果たしてどのような審判が最後の3試合目に下されるのだろうか。先日、スタンドの日本人ファンが全員、ゴミを持ち帰るとスペインメディアが日本人サポーターの礼儀正しさに感服し、国内で大きく報道されていたが、今度はスタンドだけでなく、ピッチ内の日本人選手も賞賛を浴びられるような試合を是非、期待したいところだ。

【了】

関連リンク

代官山蔦屋書店、初のサッカートークイベントついに開催!
【ダイジェスト動画】ギリシャ戦 日本代表・大久保嘉人選手インタビュー
【ダイジェスト動画】退場者を出したギリシャを攻め込むも、日本代表は得点を奪えずスコアレスドロー
Fチャンワールドカップ2014ブラジル大会特設ページ
遠藤保仁、W杯を語る。日本サッカーが手にした知性
日本代表・山口蛍の『判断力』の磨き方
前セレッソ大阪監督『レヴィ―・クルピ』名伯楽が初めて明かす「若き才能の磨き方」
タイトルという形で恩返しを
柿谷曜一朗のサッカースーパーテクニックバイブル
大久保嘉人のサッカー攻撃テクニックバイブル
サッカー日本代表 きゃらぺた エンブレムVer.

1 2 3

新着記事

↑top