岡崎、念願のセンターFWでの先発に不退転の決意「サイドでやるという気持ちが今はない」

2014年10月11日(Sat)8時00分配信

photo Getty Images
Tags: , , , , , , ,

20141011_okazaki_getty
FW岡崎慎司(マインツ)は今後も1トップでアピールすることを誓った【写真:Getty Images】

 日本代表は10日、新潟デンカビッグスワンスタジアムでジャマイカ代表と対戦して1-0と勝利を収めた。

 FW岡崎慎司(マインツ)は、自ら熱望したセンターFWの位置で先発したが「ここでダメだったらサイドでやれるという気持ちが今はない」とし、「ある程度、あいつに出しとけば点取るとか、キープしてくれるとか、安心感が出てくるかがすごく大事」と、今後も1トップでアピールすることを誓った。

 試合では、狭いスペースの中でポスト役となることが求められたが「今日はやれたし、自分がやりたいサッカーにちょっと近づいて、今日は良かったんじゃないかなと思う」と手応えは掴んだ様子。

 とはいえ、無得点に終わったことについては「決められれば自分にとっては良かったなと思う」と悔しさを見せ、「ある程度はできたと思うけど、もっと見てもらえたら違ってくる」と、まだまだ代表ではセンターFWとしての信頼を得られていないことを明かした。

 それでも、今季はブンデスリーガですでに5得点を挙げるなど、クラブではセンターFWとして完全に信頼を得ている。そのため、「クラブでも信頼されるまで時間がかかったし、ここで自分がどれだけアピールできるかが大事」と継続すること重要性を語った。

 14日に控えるブラジルとの試合では、わずかなチャンスしか得られない展開が予想されるため「いかに苦しいボールを自分がモノにできるかだと思う」と気を引き締めた。そして、難しい試合だからこそ「やりがいはあるとも思う」と強豪との対戦を心待ちにしていた。

【了】

フットボールチャンネルfacebookはこちら→
フットボールチャンネルTwitterはこちら→

関連リンク

フットボール批評issue01 アギーレを殺すのは誰か?
ザックジャパンの軌跡 蒼き戦士たちの躍進とブラジルでの敗北、そして未来
タイトルという形で恩返しを
柿谷曜一朗のサッカースーパーテクニックバイブル
遠藤保仁、W杯を語る。日本サッカーが手にした知性
鹿島アントラーズ サッカー王国のつくりかた
前セレッソ大阪監督『レヴィ―・クルピ』名伯楽が初めて明かす「若き才能の磨き方」
フットボールチャンネル03 代表23人が語る 敗北の真実
サッカー日本代表 きゃらぺた エンブレムVer.
小林悠(川崎フロンターレ)小学生時代に培った技術が自分の武器を伸ばす
FC東京が本当に強くなるための覚悟

新着記事

↑top